おすすめ

フレンチ教室プロテジェとは

みなさま、初めまして。平野 久美子です。

プロテジェProtégerとは、「〜を守る」という意味です。

料理で家族、友人、恋人を守る。

彼らに注いでいる愛情を込めて料理する。

フレンチとは、目にも舌にも美味しい料理。

ですので、もてなされた側はとても嬉しい気持ちになります。

キレイ!美味しい!幸せ!

2重の喜び。

作る方は、食べる側のそのような反応に

「作ってよかった〜」

と、創作の喜びを感じることにもなり、

その日を境に日常が変わった!そんな方も多くいらっしゃいます。

「モノより思い出」

プレゼントが必ずしも「モノ」でなければならないわけではありません。

素晴らしい「時間」をプレゼントする、

そんなあなたになることを応援しています。

また、食べることは、身体を守る、ということでもあります。

軽い前菜からだんだんとボリューミーになっていくフレンチは、

理に適った食べ方と言われています。

また、食物繊維やたんぱく質が豊富なのもフレンチの特色です。

人の身体を守る、人の心を守る、そんな「守る」ということを私は「フレンチ」で実現したいと思っています。

フレンチでたくさんの笑顔を増やしたい。

それにより、たくさんの平和をもたらしたい。

愛情豊かな料理を通じて、

皆様の大切な周りの方に

愛を伝え、

皆様の周りの大切な人を一緒に守りませんか?

よろしくお願いいたします。   

      平野 久美子

【レシピ付き】サバ缶のトマト煮

こんばんは!

昨日の雨風といったら…!

すごいです。

みなさまご無事でおうちにいらっしゃいましたか?

私は、アルバイト先(デリショップ)から帰ってきた時だったので、

傘をさしていても

全身びっしょりでした。

さて、昨日は4月1日。大安吉日です!

昨日から、

平野 久美子プライベートダイニングという

教室名を改めました。

Protéger(プロテジェ)という名前になります。

プロテジェとは、「守る」という意味。

料理で大切な人を守ることができると信じています。

この度、ホームページも新しくしました。

ご覧頂ければ、嬉しいです。→

どうぞ、宜しくお願い致します。

さて、今日はお昼に作ったお料理が美味しかったので、

シェアしますね。

サバ缶

トマト缶

ニンニク、

玉ねぎ、

など、おうちに常備されている食材だけで作ることができます。

<材料>3人分

サバ缶    1缶

トマト缶   半缶

ニンニク   8g

玉ねぎ   1/4個

オリーブ油  大さじ1

白ワインビネガー 小さじ1

白ワイン   50cc

タイム(あれば)

<作り方>

  1. ニンニクはみじん切り、玉ねぎは薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒める。香りがしてきたら、玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。
  3. サバ缶を汁ごと入れる。白ワイン、白ワインビネガー、トマト缶を入れて、5分ほど煮詰める。
    *タイムがあれば、入れて下さい。

そのままでもいいし、
パスタソースにしてもいいし。
また、焼いたバゲットにのせて、
タルティーヌにしてもOK。
ぜひ、お試しくださいね。

料理動画「ピンクのシチューと苺ムース」をお届けします。

こんばんは!

桜は1日1日と日ごと綺麗に花を咲かせてくれていますが、

それとは裏腹に

まさか、まさかなニュースが渦巻く昨今ですね😢

今日もそんな中、

料理にお菓子にキッチンで美味しい時間を

過ごしていました。

そこで思ったのが、

料理作り
お菓子作り

は平和だということ。

祈るように
微笑むように

料理に魂を込めて

創る。

集まる家族の時間のために。

おうちでないとできない、
おうちでないと楽しめない、
これは、いわばエンターテインメント。

現在のように

外出の自粛要請が出ている時に

また、先行きが不安で心配ばかりの毎日に

自分ばかりでなく、

食べてくれる人たちにも楽しんでもらえる。

「料理」とはそんな素敵な機会と

捉えるのはいかがでしょうか?

周りの誰かを幸せにするキッチン。

今日お届けする、

レシピで、皆様にそんな素敵な機会をシェアさせていただきます。

「ピンクのクリームシチュー」

「苺のムース」

ピンク大好きな乙女たちに贈る、

簡単で美味しいお料理&お菓子です。

桜の季節にうってつけ。

今回はワインとのペアリングではなく、

お紅茶を入れて楽しみました。

今日は

「ダージリン」

ストレートが果物にとてもよく合います。

こちらの動画を今日はお届けします!

動画のリンクはこちらです。

【レシピ付き】さつまいものポタージュ

平野 久美子プライベートダイニングです。

よく手の込んだ、とか難しい、

とか敷居の高いなどと言われている

フランス料理をみなさまに取り入れやすく、

より簡単にお教えしています。

料理が苦手な方や、

不器用な方も楽しんで料理でき、

皆さまの大切な人を料理で幸せに、

そんな教室を目指しております。

メールマガジンも発行しております。

ご登録お待ちしております!

料理アーティストHirano Kumikoの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこちら

こんばんは!

新型コロナウィルスが猛威をふるって

中々気が休まらない日が続きます。

今日は外でこちらを書いていますが、

やっぱり家で書くべきだったなあと

今日の夕方のニュースを読んで感じました。

昨年の今頃の写真を見ておりますと、

レッスンにケータリングにとても忙しくしていて、

人が集まることについてちっともなんの疑問を感じていなかったということを

不思議に思います。

当たり前ですけれどね。

<会社設立10周年記念パーティーケータリング>

<夜桜パーティーケータリング>

<3月のレッスン、懐かしのアトリエ!>

1日も早い終息を願うなんてことも一時期は思っていましたが、

しばらくはどうにもならない、そんな予感もします。

終息した暁には、会いたい人に思いっきり会って、

美味しいフレンチでもてなして、又はレッスンして、

そんなことを思い描いてしまいます。

どうぞみなさま

終息した時に慌てないように、

お出かけ自粛ムードの今のうちに

美味しいお料理を練習しておこうではありませんか。

終息がいつになるかはわかりません。

なので、食材はオールシーズン使えるものを用いて、

自宅レッスンしておきましょう。

私が出しているYoutubeでも練習できますし、

生徒様はレッスンの復習を

これからレッスンを考えてくださっていて、お料理初心者で…と言われる方には

次のスープ

さつまいものポタージュをお伝えします。

さつまいもポタージュ

材料

サツマイモ  300g

エシャロット  50g

オリーヴオイル

チキンスープ(チキンスープ粉末と水)              500cc

牛乳       200cc

生クリーム

作り方

1.        サツマイモはピーラーで皮をむいて、1cm幅の輪切りにする。10分程水にさらす。水気を切る。

2.        エシャロットはみじん切りにする。

3.        鍋にオリーヴオイルを熱し、エシャロットを弱火でソテーする。5分程炒めたら1のサツマイモを入れて炒める。

4.        チキンスープを入れて煮立て、10分程中火で煮る。ペティを刺してスッと通ったらOK.

5.        ミキサーに入れてピュレ状にする。

6.        鍋に戻す。牛乳でミキサーを洗い、鍋に入れる。

7.        塩、胡椒で味を調える。

エシャロットはフレンチでよく出てくる香味野菜。

デパートの食料品売り場やいかりスーパー(関西圏)などで買うことができます。

なければ、玉ねぎと白ネギの白いところを合わせて代用してもいいです。

(半々

合わせて50gになるように)

どうぞ、明日も良い一日を。