おすすめ

フレンチ料理教室Protéger(プロテジェ)


スーパーで買える食材で家族が喜ぶお料理作り

〜今のおうちの設備で。〜

 テーブルコーディネートもご指導します。

あなたの大切な方に「目にも舌にも美味しい時間」をおもてなしすることができます。


◯家族にもっと喜ばれる料理を作りたい

◯なんだか毎日平凡な食卓になってきてしまっている

◯家族の記念日に華やかな食卓にしたい

◯新たな趣味が欲しい

こんな思いを持つ方に向けて、手頃に作れるフレンチをお届けしています。

教室に来ていただくと、学んでいただくと…

◯家族が喜ぶ美味しい料理を学べます

◯テーブルコーディネートが身につきます

◯友人や知人を自信を持って呼ぶことができます。

◯自慢の妻、自慢のママになれちゃいます。

まずはトライアルレッスンから Protéger(プロテジェ)の講座を
お試し下さい

スーパーマーケットなどで買える食材を使ってなので、お買い物も苦労知らず。お家のキッチンにある道具を使って、簡単に作れる工夫満載のルセット(レシピ)です。

トライアルレッスン」「初級のフレンチを学ぶ」「美食家のためのフレンチを学ぶ」「Online Lesson

Online Lesson 以外、どの講座もそれぞれ12名さま限定の講座です。(非常に手の込んだおもてなしの準備が必要なため)

スタイリッシュなオードブル〜デザートまでがあなたの手で作ることができます。

フレンチには、基本の技法がたくさんあります。それさえマスターすれば、誰でもフレンチ作りが容易にできます。そして、その技法を使って、次の料理に進むのです。つまり、同じ技法がなんども出てくるので、それを繰り返すことにより、実力がどんどんつくという訳です。

最初に講師がしっかりポイントや段取りを説明しますので、お料理初心者様でも安心してご参加いただけます。

なぜ、誰でもあの最難関と言われるフレンチが上手にできるのでしょうか?

最初は基本となる料理から、ステップアップしていきます。

中級(美食家のためのフレンチを学ぶ)になりますと、例えば、フレンチで人気の「煮込み料理」や「ソース作り」も

誰でも上手に作ることができます。

なんども味見、視覚、聴覚、嗅覚、そして、テクスチャーで確認。

回を重ねていく毎にその感覚が身につきます。

また、手軽に調味料を混ぜるだけのソースも考案していますので、1,2,3でできるソースも多々ございます。

*特に「美食家のためのフレンチを学ぶ」では最後のレッスンで今まで作った中から一つの料理を作っていただく、「テスト」がございます。お家での練習が必須となりますので、「あの」フレンチが身につくわけです。

〜VOICE〜

〜「初級のフレンチを学ぶ」を受けられた生徒様の声〜

質問1:レッスンを受ける前のフレンチのイメージ

家庭のキッチンでできるようなものではないと思っていたので、びっくりしました。(大阪府 藤原美和子様)

難しいイメージで調味料も手に入りにくそうなイメージでした。時間がかかり、普段の食事には出せないイメージでした。(大阪府 S様)

質問2:6ヶ月経った今はフレンチに対してどんな気持ちですか?

身近なものと感じられるようになりました。(大阪府 藤原美和子様)

和食とは違って色鮮やかで塩分に気をつけている方に良いと思いました。(大阪府 S様)

質問3:質問2で今思っている、感じている気持ちはなぜだと思いますか?

自分でも(簡単なものなら)できると思えるようになったため(大阪府 藤原美和子様)

ハーブをうまく使うので、塩はあまり必要ないのだと思います。ヘルシーです。食卓も色とりどりおしゃれです。(大阪府 S様)

質問4:レッスンを受けてあなたの生活や気持ちの中で何か変化はありますか?

お料理を丁寧に作り、家族との食事をもっと大切にしたいなと思いました。(大阪府 藤原美和子様)

SNSを見た、周りの方からは「レストランのよう」とほめてもらえます。お酒はビールからワインに変わりました。(大阪府 S様)

質問5:6回の講座を修了して、今はどのような感じですか?

先生のご指導のもと、食材の扱い方やお菓子作りのコツを自分で体験することで技術が上がり、和洋中どれでも応用できます。(大阪府 S様)

元々大ざっぱな性格でお料理も大雑多なものばかり作っていましたが、丁寧に作ったお料理の美味しさを教えていただき、きちんと工程をふめば自分にも作れると思え、自信を持たせていただきました。(大阪府 藤原美和子様)

特典つきです。

いずれも、ご家庭で快適にお料理できる、調理用具をプレゼントいたします。

「初級のフレンチを学ぶ」調理用具2点セット(教室で使うものと同じ泡立て器やスパチュラ)

「美食家のためのフレンチを学ぶ」調理用具4点セット(教室で使うものと同じ泡立て器、スパチュラ、ゴムベラやシノワ(濾し器))

フレンチレストランでの会食も予定しております。(会費:5000円〜*ご受講者の数によっては0円で。)

わからないこと、できないことがあれば、レッスンが修了しても半永久的にご質問にお答えします。

それぞれの講座の詳細をLessonのページで詳しくご紹介しております。

スーパーで買える食材で家族が喜ぶお料理作り

オードブル〜デザートまであなたの手で作れるようになります。

お家で作っている時にわからないことなどございましたら、

半永久的にご質問にお答えしますので、

安心して取り組んでいただけます。

テーブルコーディネートもご指導致しますので、

トータルで憧れのあのフレンチを楽しくおもてなしができるようになります。

12名さま限定で募集致します。

憧れのフレンチを自分のものにして以来、人生までが変わったというお声もいただきます。ご自身に自信が付き、同時にご家族皆さまがママの手製のフレンチを楽しみになさるようになったと。

料理に自信がつくと、周りも変わってくれるのです。

あなたの人生に一石を投じるこのフレンチ講座、お受けされなければ一生今のまま変わることはできません。

「可愛い!キレイ!すごーい!美味しそう!」などの

周りの方の感動の言葉を浴びたいですよね。

楽しみながらのフレンチ講座、ぜひご一緒いたしましょう。

牛肉の赤ワイン煮込み

低糖質薬膳フレンチ教室、今回は薬膳セミナーでした。

こんばんは!

昨日は、低糖質薬膳フレンチ教室でした!

今回は薬膳のセミナーの回です。

平野みどり先生のセミナーを聴いて頂きました。

秋を通して、食べた方が良い食材の紹介や効能など、

とても興味深い内容でした。

セミナーの後はお料理レッスン。

「ぶどうと紫キャベツのコールスロー」

「鮭とキノコのトマトクリームシチュー」

「イチジクのサバイヨン」

を作りました。

昨日は千葉、新潟からのご出席の生徒様で、

お二人とも普段から意識が高くていらっしゃる方。

薬膳の知識や、低糖質の知識も持っていらっしゃいました。

お一人の方はそれでしっかり痩せられて、結果も出されています。

それでも引き続き学ばれるという、素晴らしさなんです。

レッスン終了後は、和気藹々と低糖質担当の坂東さん、薬膳担当のみどりさんと作った料理を食べます。

いつも、「美味しい美味しい」と言って食べてくれて嬉しいです。

無事講座が終了して

リラックスできるひとときです。

次回、低糖質薬膳フレンチ教室は10月25日(日)を予定しています。

次の担当は低糖質の坂東さんです。

健康的に無理のないダイエット法などをお教えいただきます。

低糖質薬膳フレンチ教室の参加申し込みはこちら

フレンチ料理教室、秋のオンライン体験レッスン

さて、秋も一歩一歩深まっていますが、まだ暑いのも事実ですね。

でも、街にはハロウィンの装飾がなされていたり、スーパーの食材も「ザ・秋」の食材に並び代わっています。

季節が変わると、そんな新しく並んだ食材を早速手に取る方が多いのではないでしょうか?

フランス家庭料理教室 Protéger(プロテジェ)では、又オンラインの体験レッスンを開催致します。

本レッスンのメニューです。

第1回目(10/24) サラダとメイン料理(イワシとかぼちゃの温かいサラダ、牡蠣とエビのベーニェ(洋風天ぷら)、タルタルソース添え)

第2回目(11/7)    スープとメイン料理(海老のクネルとブロッコリーの豆乳スープ、鶏肉のフリカッセ(軽いクリームソース煮込み、フレンチの伝統料理)、バター ライス添え)

第3回目(11/21) メイン料理と簡単デザート(バスク風チキン(白いご飯にかけて食べます)、バナナのチョコクラフティ)

体験レッスンのメニューは、

「トウモロコシのマフィン」(トウモロコシは茹でたもの、又は缶詰を使います。)(マフィン型は紙のものでもOK)

「ローストポークのシーザーサラダ」

です。

体験レッスンのお日にちは、10月11日(日)17:00〜18:30です。

ZOOMを使ってレッスンします。

オンラインレッスンの方法は、こちらをご覧下さい。

お申し込みはこちらのリンクからどうぞ。

おうちビストロ体験レッスンの参加申し込みはこちら

又、9月26日(土)11:00AM~

第1回インスタライブを予定しています!

こちらのお料理、「ビーツのポテトサラダ」をレッスンします!

アカウント名は「kumicuisine」です。

ぜひ、ご視聴ください。よろしくお願い致します。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

簡単レシピ「キャベツとキノコの簡単煮込み」

こんばんは!

昨日は母と娘と3世代で京都に行っていました!

ある、会員雑誌社様のご依頼で、

あるレストランのレビューを書くために

貴匠桜というレストランを訪れました。

個室にご案内いただき、とても心地の良い空間で

水いらずで美味しいお食事が楽しめました。

もとは醤油問屋だった空間で、京町家でフレンチが食べられるのです。

そんなコンセプトもとても楽しかったです。

さて、今日は、冷蔵庫にキャベツやキノコがあったので、

こんなお料理をささっと作ってみました。

とっても簡単にできる、フランス料理をご紹介します。キャベツがふんだんに食べられて、キノコも名脇役の野菜がおいしいレシピ。体に優しく、お年寄りにも好評です。



<材料>5人分
ソーセージ    300g
キノコ(なんでも)  1パック

玉ねぎ 1/4個
キャベツ     1/2個
トマト      1個
オリーブオイル   大さじ2
チキンスープ   1カップ(チキン顆粒と水)

<作り方>所要時間 20分 
1.キャベツを1/2個のままレンジにかけて取り出します。レンジにかける時間は、食材の重さを測ります。重さが秒です。480gなら、480秒なので、8分。
2.キャベツの芯を取って3cm角に切り、トマトは1cm角に切ります。タマネギは薄切りにします。
3.鍋にオリーブオイルを熱して、タマネギをさっと炒め、キノコを入れてキノコがしんなりするまで炒め、トマトも入れて少し炒めたら、ソーセージを入れて混ぜます。チキンスープを加えます。
4.キャベツも入れて、蓋をして5分蒸し煮にします。

食材の買い物に出るとき、

不精者の私はいつも思うことがあります。

それは、

「なんで女子だけお化粧しないといけないの?」

ということです。

お化粧がめんどくさくて、外に出るのが億劫…、なのは、私だけ?

上記のお料理は、冷蔵庫にありそうな食材ばかりですので、

外に出るのが億劫な方、ぜひ作ってみて下さい。

週末にまとめ買いなど実行していらっしゃる方は、

ぜひストックできる食材として、購入してみて下さい。家族にも好評でした。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

低糖質薬膳フレンチ教室、今回は薬膳セミナーです。

こんばんは!

今日試作したお皿です。

「ローストポークのシーザーサラダ」

作ったはいいが、どうしようかと思っています。

オンラインレッスン、低糖質薬膳フレンチ教室、いろいろと講座があるので、

どの講座でご指導させていただこうか…。

…オンラインレッスンにしようかな!

ボリュームが半端ないので…。

今秋のレッスンで一緒に作りましょう。

詳細はまた週末にでも。

よろしくお願いします!

さて、今日はお知らせです!…といっても

もうこの日曜日のお知らせなんです。

告知が遅くてバカですね。

申し訳ありません。

低糖質薬膳フレンチ教室。

今回は薬膳のセミナーです

いつも隔月でセミナーを行なっています。

先月は低糖質のセミナーでした。

そして、オンラインレッスンです。

メニューはこちらです。

オードブル

ぶどうと紫キャベツのコールスロー

メイン

鮭とキノコのトマトクリームシチュー

デザート

イチジクのサバイヨン

メインのお写真はこちら。

試作では里芋を入れましたが、本番はキノコで!

秋の味覚を堪能して下さい。

食材は薬膳の平野みどり先生から、いつも季節の養生の食材をお聞きして、

メニューを作っています。

食材それぞれに効能があるのです。

その食材で身体が元気になる!調子が整う!

私はそれを聞くのがいつも楽しみなのです。

身体が喜ぶ食材で、美味しいレシピをお伝えするのが、私の役目です。

まさかの簡単デザート付き。

サバイヨンとは、卵黄のソースのことです。

卵黄に柑橘の絞り汁、ラカントSを入れて、掻き立てます。

ふわっふわの卵黄のソースをイチジクにかけて、

オーブントースターで焼き色をつけます。

フレンチやイタリアンでお馴染みのソース。伝統的なデザートのお味を楽しんでください。

罪悪感もなしですので、何よりですよね。

連休の真っ只中で、ご参加が難しいかもしれませんが、生徒様、絶賛募集中です!

こちらより詳細をご覧ください。

ご興味がありましたら、申込ボタンをポチって下さいね。

低糖質薬膳フレンチ教室の参加申し込みはこちら

今回は薬膳セミナーですが、

低糖質のケトジェニックアドバイサーの坂東も一緒におりますので、

低糖質に関するお悩みもお答えすることができます!

又、逆も然りです。

ちなみに来月は、10月25日(日)に予定しております。
来月は、低糖質のセミナーです。

低糖質薬膳フレンチ教室の参加申し込みはこちら

フレンチ料理教室、第3のおもてなしのサービスとは?!

こんばんは!

夜風は涼しいですが、

汗ばんだ日中でもありました。

鳴いている虫の声が秋を感じさせてくれます。

今日は、YoutTubeを撮影しておりました。

ワンプレートのレッスンです。

ランチにいかがかな〜と思っています。

ただ、完成ではなく課題が残ったので、取り直しなんです。

明日も撮ります。頑張ります。

さて、先日の「美食家のためのフレンチを学ぶ」では、

申し上げたように、テーマを「ムース」にしました。

3種のムースを学んで頂きました。

「スモークサーモン のムース」

「ホタテとウニのムース」

「ピーナッツ風味のトウモロコシのムース」

動物性、植物性とまちまちです。

「材料によって作り方もそれぞれ違うし、食感も違っていて、

とても興味深い、ちょっとした実験のようでした」

と、生徒様のご感想です。

「先生のメニュー、

ムースにオニオンリングとか、トウモロコシにピーナッツとか、

美味しいアクセントになるものが何かあって

あまり思いつかない食材の場合も多いのに、

いつもそれが美味しさを手伝ってるんです。

そんなセンスが先生ならではなので、

そんなことも私は毎回楽しみです。」

と、こんなご感想も頂きました。

「驚き!」。これも料理のサービスのうちの一つです。

見栄えがする、美味しい、だけではもう取り残されてしまいます。

レストランも同じですよね。

どれだけお客様に味の冒険をさせ、

美味しさに辿り着かせるかをどこのレストランも競っています。

家庭での「おもてなし」もそんなレストランに習って、

お客様を魅了したいなと思っています。

新しく入った方のご感想は、

「本当に毎回美味しい料理ばかりで楽しいです。

後略〜」

こんなご感想をいただくと、

来月は何にしよう!と、とたんにウキウキ、ワクワク

します。

来月のメニューは決まり次第お伝えしようと思っています。

日程ですが、10月9日(金)を予定しております。

少しでもご興味抱かれましたら、

空けておいてくださいね。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

フレンチ料理教室、テーブルコーディネートのプティ・レッスン


こんばんは!

暑いのか、寒いのかわからない昨今ですね。

でも、取り敢えず猛暑の時期を越えてくれたのはなんともありがたいことです。

さて、参考になるかは分かりませんが、

今日はちょっとレッスン形式でテーブルコーディネートを

ご紹介したいと思います。

まず、なあんもないテーブルから。

ここから組み立てていきます。

麻のベージュのテーブルクロス(生地を買って来て端だけ縫ったもの)

そして、ランチョンマットは薄いゴールドのものを重ねます。

ランチョンは、ワインなどをこぼしても弾いてくれるので、

安心して敷いています。

大丸神戸店、芦屋のブラン・ド・ジュリエに売っています。

秋らしい演出がしたくて、センターにはドライフラワーを飾りました。

テーブルクロスの上にランチョンを重ねるのは、

あまり垢抜けしないので、私はあまりしなかったのですが、

同系色なら、きれいですね。

ベージュのプレゼンテーションプレートと、絵皿を置きました。

ベージュのナプキンにはゴールドのナプキンリングを。

お気づきの方も多いはず。

同系色でまとめています。

クリスタルで透明の輝きを添え、シルバーカトラリーも輝きを放ってくれます。

完成です。

そう、センターに飾った、ドライフラワー、こちらもベージュです。

実は、このドライフラワーとテーブルクロスが同色だったので、

同系色のテーブルコーディネートをしてみようと思ったのでした。

洋服もそうですが、

ポイントポイントを同系色で括ると可愛いですよね。

基本はバッグと靴、とか。

テーブルにも通用すると思います。

ランチョンとフラワーの色を同系色にするとか、

花瓶とナプキンを同系色にするとか、

キャンドルと花を同色にするとか。

いろいろ応用ができます。

今回は、「ポイントを括る」ではなく、全体がベージュコーディネートでしたが。

私はテーブルコーディネートを習ったことはないので、

とても自由に飾っています。

それで良ければぜひ、同じようにしていただければと思います。

ところで、紫陽花と一緒に挿してある植物は、「オクラ」

なんです。こういった面白いものを飾ることで、

食事の際の話題になります!

明日は、こちらのレッスンに来て下さった、

生徒様のご感想を載せたいと思います。

又、9月の低糖質薬膳フレンチ教室のご案内も、しますね。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

今月のテーマは「ムース」のフレンチ料理レッスン

こんばんは!

先日は、「美食家のためのフレンチを学ぶ」を開催させていただきました。

生徒様がこちらの焼き菓子を焼いて持ってきてくださいました!

素敵じゃないですか〜?

こんなの売ってたら、お値段も結構張りそうですよね。

こちらの生徒様、フレンチの先生なんです。

もちろん、お味もとっても美味しかったです!!!

私と、アシスタントのちかちゃんの分まで作ってきてくださいました。

なんと、ルセットつきで。

その心が麗しいです。

嬉しかったです〜!

さて、レッスンです。

前にもお話ししましたが、ある企業で商品開発のヒントになればということでご参加の男性の方もこちらのコースに加わってくださいました。

今回もたくさんのメニューを実習しましたよ〜😍

アミューズ

・ナスのキャビア

・スモークサーモン のムース

オードブル

ホタテとウニのムース、玉ねぎのクリーム、ペコロスのオニオンリング添え

スープ

ポルチーニ入りのキノコのスープ

メイン

豚肉のキャラメリゼ、ピーナッツ風味のトウモロコシのムース添え

デザート

イチジクと赤ワインジュレのタルト

以上です。

今回のテーマは、

「貴婦人の口元に口溶けの良いムースを」

ということで、テーマは「ムース。

3種類のムースを味わっていただきました。

・スモークサーモン のムース

・ホタテとウニのムース

・トウモロコシのムース

ムースという食べ物は17世紀からあったのですよ

その昔、口を動かして食べるという行為が女性にはあまりよろしくないとのことで、口を動かさなくても食べられる料理として、流行したようです。

貴婦人を気取ってみたくなります。

明日は、テーブルコーディネートをご紹介します!

フレンチ料理教室、お値段のその理由。

こんばんは!

先日は、明日の「美食家フレンチ」でレッスンする予定のルセットがやっと完成しました!

”イチジクと赤ワインジュレのタルト”

季節の風物詩をふんだんにのせて、

それに合うジュレも作り、

とても良い仕上がりです!

ってとってもギリギリですが、

仕上がってホッとしました。

美味しいイチジクを探して放浪していたのですが、

こちらのイチジクは奈良県産の無農薬のイチジクです。

無農薬なので、狸が食べてしまうかもしれないので

今度いつ入荷するか分からないとのことで、

こちらをレッスンで使うのは断念しましたが、

イチジク、ふんだんに食べたいので、無農薬がありがたいですね!

ちなみに大阪グランフロント内にあるSHUN*SHOKU LOUNGEで買いました。

気になる方で近い方は覗いてみて下さいね。

又、トウモロコシも、甘味を追求するなら、

「白いトウモロコシ」を選ばれると、甘いです。

こちらは無農薬を見つけるのがなかなか難しいのですが、用途に応じて、

「白」もオススメです。

このように、レッスンで使う食材を

気に入るまで食べ歩いています。

「美食家フレンチ」も、「初級フレンチ」も

お値段が張るので納得できないっていう方がいらっしゃると思いますが、

そんなわけもあります。

美味しさこそ楽しい食卓に大切な要素ですが、

安全も然りですよね。

調味料も出来るだけ天然で、素材の味そのものを味わいたい。

添加物などで味が変わってしまっている、大量生産でできる調味料などを使うと、

知らず知らずのうちにジャンキーな舌に染まってしまいます。

こちらの教室では、ジャンキーはご法度なんです。

そして、ルセットが美味しく決まるまで、繰り返し試作を行います。

素材もこだわるので、試作にも惜しみなく投じます。

皆様の食卓においても、美味しいを再現していただきたいので、

レシピ作りは重要です。

そして、テーブルコーディネート。

せっかくいらしてくださる皆様ですから、おもてなしには手をかけたいので、

殺風景は嫌なんです。

又、テーブルコーデって気分が上がるんです。

テーブルを整えてしまうと、後は料理するしかない!

とご自身を追い込むこともできます。

あんな器を使って、こんなお花を置き、

それに合ったナプキンでテーブルにアクセントを… なんて考える。

そうすると、テンションがマックスになって、

誰かに見せたい!となるわけです。

そして、お客様にお料理でもてなすことを考えて…

そうすると、お料理にも手をぬけない。

そうやってお料理が上達していくのです。

なので、テーブルにも手を抜かない。

テーブルコーデを教えて欲しいというお声もよくいただきます。

そんなところからレッスン費用を決めさせて頂いております。

お値段にはその理由が込められているものです。

芦屋という立地から、セレブ用のためにお高くしているということでは決してないので、

誤解のない様にと思います。来られる生徒様も様々です。

皆様、料理に熱い思いを込めて、料理でご自分の夢を実現させるために来られます。

それを達成して頂くのが、私の夢です。

今は遠方からの生徒様が多いです。

それだけ時間と運賃を使って頂くのです。

できるだけご要望にお応えしたい。

なので、頂くレッスン費用、ぶっちゃけ赤字になることもしばしばなのです。

又、素材を求めて足にタコができるまで歩き回ります。

でも、

イッツ マイ プレジャー!

喜んでやっております。

生徒様からのQ&Aに答えます

こんばんは!

今日は、こんなお料理を作りました!

ビーツ入りポテトサラダ。

毎日、メニューを考えているとネタが尽きてなかなか浮かばないことが多いです。

なので、力尽きて寝てしまうことがしばしば。

しかーし!

最近、寝ながらもメニューのことを考えているらしく、

新しい料理の映像がパッと目の前に浮かぶことが多いです。

こちらのビーツのサラダもそうだったんです。

薔薇の花の映像が目の前に映し出されたのでした。

寝てるのに!

これって一種の「技」ですよね。

離れ「技」が身について嬉しいです!

今日は、とてもよくいただくご質問にお答えします。

主にお申し込みの前に確認でいただくご質問です。

Q. フランス料理って敷居が高くってなかなか飛び込む勇気がないのですが..

A.フランス料理には、意外にも身近なお料理がたくさんあるのです!グラタン、エスカベッシュ、マリネ、ポトフなど。

知ってる!と思っていただけるのではないでしょうか?

このようなお料理を一からお教えしております。

Q.手間と時間がかかるイメージがあります。

​A.確かに手間をかける場面もございます。しかし、全てではありません。かけた手間は皆様の喜びになって必ずお返しいたします。是非ともトライアルレッスンで体験していただきたいと思っています。

Q.フレンチって「太る」イメージがあります。

A.軽い前菜からだんだんとボリュームがアップするコース仕立てのフランス料理とは、実は太りにくい体になる理にかなった食べ方と言います。どうしても気になる方には、「低糖質フレンチ!レッスン」も毎月開催しております。どうぞ、お問い合わせ下さいませ。

Q.材料が手に入りにくいのでは?

​A.基本的にはスーパーで手に入る食材を使っての​レシピを目指しておりますが、場合によって菓子材料などで「富澤商店」​やデパートの食料品売り場でのお買い物もございます。皆様ご自身でお買い物をされる、「おうちビストロコース」のオンラインレッスンでは、ご近所のスーパーで手に入る材料でのお買い物のみを心がけております。

Q.一人で参加したいのですが…そんな方はいらっしゃいますか?

A.はい。基本的に皆様お一人で参加されています。実習中や試食中に仲良くなられ、和やかに、楽しそうに交流されています。

Q.男性の参加も可能ですか?

A.はい。歓迎しています。

Q.レッスン日で都合の悪い日があります。振替は可能ですか?

A. はい。可能です。お気軽にご相談下さい。

Q.家で調理中にわからないことがありました。そんな時、ご連絡しても良いですか?

A.はい。講座が終了されていても、どんなご質問にも応じます。半永久的に応じますので、ぜひお聞きになって下さい。

以上です。

もし、わからないこと、ご要望などありましたら、こちらからご連絡を下さいませ。

今日は以上とさせて頂きます。

よろしくお願い致します。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

フレンチ料理教室、体験講座のその内容

こんばんは!

先日、「初級フレンチ」「美食家フレンチ」のメニューをご紹介しました。

「美味しそうでよだれが出ました!」なんてご意見も頂いています。

今日は、それらの体験レッスンとはどんな内容なのかということをお伝えしたいと思います。

◯レッスンの特徴です。

<トライアルレッスン>

まず、簡単オードブルは、混ぜるだけ。メイン料理はフレンチの基礎とも言える、「ソース」を学び、デザートは簡単「焼き菓子」を学んでいただきます。

中でも、オードブルではフレンチ特有の盛り付け、飾り付けについて身につけて頂けるよう、実際に手を動かして頂きます。

〜メニュー〜
マグロとアボカドのタルタル


エビのアメリケーヌソース、バターライス添え


お抹茶のフィナンシェ

<美食家のためのフレンチを学ぶ>

・料理

毎月、テーマを決めています。

今月のテーマは、「ムース」

ちなみに前月は「香り」について体験して頂きました。

同じムースでも、素材によって、作り方、材料が変わってきます。

ムースとは、フレンチにしかない、とても伝統的でポピュラーな料理法です。

え?こんな素材と合わせてもこんなに美味しいの?

この野菜を使ったことがなかったけど、こんな風に料理すればいいんだ!

そんな味や素材の感動もお届けします。

又、食器の使い方や盛り付けのバリエーションも月ごとに変わります。

それらは何よりの楽しみでいらっしゃるようです。

・ワイン

又、ワインもその月その月でテーマが変わっています。

主に生産地で区切ってテーマを決めます。

フランスを中心に各地を回り、

アメリカ、日本などにも飛びます。

歴史や地理、気候をご説明してワインがなぜ美味しくなったのかを理解して頂きます。

歴史や地理といっても、小学生くらいの単純なことしか申し上げないので、

楽に理解していただけます。

味の感動と、作り手の取り組みへのリスペクト

そんな、感動の場面をお届けします。

◯体験レッスンの目的です

・講師との相性が良いかどうか

・料理の工程が難しすぎないか、又は易し過ぎないか

・味はどうか、好みの味加減か

・食材はどうか、調達できそうか

・家で再現できそうか

・食という共通の目的を存分に楽しめるか。

そんなことをご確認いただくためのものです。

◯レッスンの内容です

<トライアルレッスン>   

1. お料理の段取りの説明

2. 初心者の方にも理解できる、ミニワインセミナー(1000円代で美味しいワインの選び方など)

3.お料理実習

4.ご試食
ワインとのマリアージュ体験。先に行ったワインセミナーを振り返りながら、実際にワインを味わいます。

*当日は、オードブル、メイン料理、デザートを作ります。お飲み物はワインがグラス1杯付きますが、飲まれない方にはノンアルコール飲料もございます。

*最初に講師がしっかりポイントや段取りを説明しますので、お料理初心者様でも安心してご参加いただけます。


​<美食家フレンチ体験レッスン>

1.講義

 その日実習するお料理の説明

 ワインセミナー

 その日試飲するワインの説明

2.実習

​ワインに合わせた小品

オードブル

スープ又はそれに準ずるもの

メイン

デザート

3.撮影タイム(簡単にご指導も致します)

2.デギュスタシオン(試飲)

3.ご試食

4.テーブルコーディネートの説明

*お料理は実習形式です。デモンストレーションではありません。

*1時間みっちり学べる、ワインセミナー付き。ワインはお料理に合わせて2種試飲していただき、そのワインができた背景についても知ることができます。ご自分でワイン選びができるようになるまでお教えします。

〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。〜*☆。

以上が体験レッスンの内容のご紹介です。

思っていた通りだった、とか

へえ?そんなことも?なんてご意見もあるでしょう。

食の楽しみはまず作ることから。

そんな皆様のキッチンでの冒険を更に楽しんでいただけるようにフレンチの楽しみを出し尽くします。

もちろん、来て頂いた方同士の楽しいお喋りも素敵な過ごし方です。

又、その方から普段の食卓の様子を聞いて、刺激も受け取れますね。

そこも料理教室の醍醐味だと思います。

ではでは、今日はこんなところで。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓