毎年絆を深める我が家のお正月。

明けましておめでとう

ございます!!

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

昨日は、3人の子供達

(29歳息子、27歳息子、24歳娘)が

集まり、

とても賑やかに過ごしました。

普段は皆離れ離れですので、

集まると私も、私の両親も

とてもいきいきと目を輝かせて

話をします。

同じテーブルを囲んで、

同じものを食べ、

舌鼓を打ってもらう。

気分も上々になり、

それぞれの最新のニュースを

語り合います。

いつものお正月の光景。

私は毎年、同じものを作って

子供達の記憶に

刻みつけます。

そうすると、

「あ、これ好き!」

と言って、手を伸ばしてもらえる。

その瞬間、私も気分が上がります。

家族仲良く、過ごしてきたからこその

再会の喜び。

小さな頃から、食卓を大切に思っていると

それは、その家の伝統となって受け継がれていきます。

どうぞ、皆様

言うまでもないことかもしれませんが、

毎日の食卓の一コマ一コマに

魂のエッセンスをを2、3滴でいいので、

注いであげてください。

家族の歴史が刻まれれば刻まれるほど、

喜びとなって

返ってきます。

それは感謝の気持ちだったり、

変わりばえしない毎日の刺激になったり、

幼い頃の記憶が蘇ったり、

日頃社会を相手に戦っている子供達ににとっても

楽しみな食事の一コマになるに違いありません。

さて、ここからは、

1月のレッスンの

ご案内を以下に

載せさせていただきます。

どれも

老若男女、好きな味で

揃えています。

①のトライアルレッスンは

・フランス料理らしい

可愛い盛り付けを

習っていただきます。

・冬に嬉しい、

簡単な煮込み料理をお教えします。

②のいつもの材料でできるフランス料理

では、

カフェで目にする、あのメニュー

作れるようになって、家で

家族に振る舞いたいなーなんて方に

ぴったりです。

③美食家のためのフレンチを学ぶ。

フォーマルな席にふさわしい、

ちょっとかしこまったお料理をご紹介。

日頃の食卓では目にしない

お料理なので、お客様への

サプライズに効果があります。

④1月11日オンラインレッスン 。

アボカド料理の

レパートリーを増やしたい方に。

また、白身のお魚の新しい食べ方を

ご紹介します。どちらも

あっという間に出来ちゃう。

また、「ポテ」は

塩漬け豚肉をお教えします。

難しそうに思えるかもしれません。

実際は、お塩を塗った豚肉をラップに包んで

3日間冷蔵庫に放置するだけ。

ブイヨン要らずの、

水だけで美味しい出汁が

とれます。

塩漬け豚肉の他の使い方も

ご紹介します。

⑤1月24日オンラインレッスン 

極冬に熱々を頬張りたい

オニオングラタンスープ。

バゲットとチーズをたっぷり入れるので、

ボリュームも満点。

アメ色玉ねぎの

アメ色具合が難しい、

そんなお声をいただくので、

この度、レッスンさせて

いただきます。

また、とりささみのピカタ。

とりささみに卵を潜らせて焼く

お料理です。

トロトロ半熟に仕上げたピカタなので、

おいしさとろけそう。

そんな秘訣もお教えします。

ご家族揃って盛り上がることができる

お料理を揃えました。

皆様とご一緒できるのを

楽しみにしております。

☆。*〜*☆。*〜*。☆。*〜*。☆。*〜*。☆。*〜*。☆。*〜*。

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)

最新レッスンのご案内。

①トライアルレッスン(体験レッスン)

毎月第3土曜日11;00〜開催

〜Menu〜

マグロとアボカドのタルタル

image

パン屋さん風ポークソテー

 お抹茶のフィナンシェ

image

¥6800(税込)

トライアルレッスンの参加申し込みはこちら

②いつもの材料でできる

フランス料理講座

毎月第3日曜日11:00〜開催

〜 Menu〜

ほうれん草とベーコンの基本のキッシュ

牛テール肉のポ・ト・フー

酒粕風味のガトー・オ ・ショコラ

いつもの材料でできるフランス料理講座の参加申し込みはこちら

*連続講座です。単発ではないので、

ご注意ください。

①のトライアルレッスンが

体験講座となります。
③美食家のためのフレンチを学ぶ1月8日(金)10:30〜〜Menu〜・フォワグラのサラダ、イチジク風味・ホタテと戯れる、カブのスープ

・仔羊のシャンバロン風

・タルト・シトロン

美食家のためのフレンチを学ぶの参加申し込みはこちら

④1月11日オンラインレッスン 

17:00〜18:30

〜Menu〜

・鯛の柚子セヴィッチェと

ワカモレ

image

・ポテ

お申し込み、詳細は⇩1月11日オンラインフレンチレッスンの参加申し込みはこちら
⑤1月24日オンラインレッスン 17:00〜18:30〜Menu〜・オニオングラタン

・鶏ささみのピカタ(写真なし)

1月24日オンラインフレンチレッスンの参加申し込みはこちら

生徒様の声こちらです。

アクセス

JR神戸線 芦屋駅より徒歩15分

阪急神戸線 芦屋川駅より徒歩7分

阪神線  芦屋駅より徒歩25分

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

「初級のフレンチを学ぶ」

1年間のメニュー一覧表は

こちらです。

「美食家のための

フレンチを学ぶ」

1年間のメニュー

一覧表はこちらです・

しっとり鶏ささみの料理をオンラインレッスンします。

こんばんは!

春にこしらえたレシピが、

お正月料理に役立ちそう、

YouTubeのアドレスを

こちらに載せます。

おせちが飛ぶ様に売れている、

そんな話も聞きますが,

売っているおせちって、

すぐ無くなっちゃう。

「もっとないの?」

との声に、冷蔵庫から

余分を出せるのは、

やはり手作りならでは。

和風パテ・ド・カンパーニュ

新ゴボウを使っていますが

今,出回っているゴボウでも

作れます。

お正月料理に

お役立ていただければ

嬉しいです。

さて、オンラインレッスンのお知らせです。

1月11日(月・祝)と、

1月24日(日)に

開催します。

1月11日に開催するレッスンの

詳細はこちらをご覧ください。

1月11日オンラインフレンチレッスンの参加申し込みはこちら

1月24日ですが、

メニューは、

「とりささみ肉のピカタ」

そして、「オニオングラタン」を

実習しようと思います。

今年の冬は寒いので、

あったまるお食事が欲しいですよね。

アメ色に仕上げる玉ねぎの

タイミングがわからない

そんな声をたくさん頂きます。

皆さんで行うというのは

少々冒険かもしれませんが、

決行しちゃいます。

「とりささみのピカタ」は、

習っていただいた方から、

「こんなにささみが

しっとりと美味しくなるなんて!!」

と感動の言葉を

たくさん寄せていただいた

お料理です。

ささみってパサついてしまうから

あまり料理しないという方に

朗報です。

1月24日オンラインフレンチレッスンの参加申し込みはこちら

洋雑誌のようなクリスマス

こんばんは!

明日は

「美食家のためのフレンチを学ぶ」です。

今日はその準備に忙しくしています。

お花をたくさん買ったのですが、

そのうちの一つがとっても可愛くて。

紫色をしていて、

葉がこうもりの羽みたいで、

ハロウィンにピッタリだな〜と

とても嬉しいです。

どこで買ったのかというと、

JR芦屋駅南側にある、お花屋さん。

いつもここで買います。

珍しいお花があり、

お色目も珍しいものがあるので、

テーブルによく合うのです。

La Ruche

0797-25-9815

よろしかったら、

訪ねてみてください。

お花の名前は、

「リーベンウオルシー」

だそうです。

テーブルのお写真は、

また明日に載せますね。

さて、

来月の「初級のフレンチを学ぶ」

は、クリスマスレッスン。

ローストチキンを焼きます。

ローストチキンが焼ける!

となると、

まるで、欧米のマダムみたいじゃないですか?

フランス人は、ローストチキンが大好き。

毎日曜日のお昼に食べるのが

習慣なのです。

ミサの後に

買って帰って食べるみたいですよ。

もちろん、家で焼く家庭も。

日曜日は比較的小さい鶏肉を

焼くのですが、

フランスの料理雑誌の

12月号など見ると、

いろんな味付けや

いろんな詰め物をした

(去勢した)雄鶏のローストの作り方が

載っています。

七面鳥も。

丸々太って大きいので、パーティー用に

向いているのでしょう。

それを見ると、

キャンドルを炊いて、

ワインを注いで、

素敵なクリスマスを過ごすの、

楽しみになります。

あちらの演出は、

やっぱりセンスが違います。

お菓子も趣向を凝らして、

いろんな、家でできるお菓子が

載っています。

でも、それでもちょっと

ムズカシイ。訳すのにも

時間がかかります。

「初級フレンチ」で作る

ローストチキンは、

中にピラフを詰めます。

ただの炒めたご飯なのですが、

チキンの肉汁が絡まって、

それは美味しいのです。

一番キホンの美味しい

ローストチキン。

「10分でできる、フランス料理」

3品も教えています。

パパッとワインのおつまみができるので、

重宝されています。

さっと作れて、

洋雑誌のようなディナーを目指しましょう。

写真のような演出の

ご指導もします。

初級フレンチは、

6回でワンクール。

いきなり受けるなんてできない

という方に、

今月17日にトライアルレッスン

もあります。

トライアルレッスンの参加申し込みはこちら

お越しの方は

どうぞお楽しみに!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

「初級のフレンチを学ぶ」

1年間のメニュー一覧表は

こちらです。

「美食家のための

フレンチを学ぶ」

1年間のメニュー

一覧表はこちらです・

フランス料理教室 クリスマスレッスンのご案内

こんばんは!

泣き言を言っていいですか〜?

前から五十肩があって、

ちょっと難儀していたのですが、

この度、

首にもきて、

首が痛くて回らず、

困り果てています。

もう、きりきりと四六時中痛くて、

何にもする気にならない…。

でも、それをfacebookでこぼしたら、

何人かの方が良いヒントを下さって…。

それを元に治療をします!

早くすれば良いのかもですが、

元々病院嫌いで、

自然治癒を試みていて…。

それが仇となって

どんどんひどくなっているのでした。

そんな中、栗食べたさに

痛みをおして、

栗のお菓子。

クリームで炊いて、茶巾に。

それと、栗ジャム。

おいしかったな😋

さて、今日は、単発の

ルソン・ド ・ノエル

(クリスマスレッスン)

のご案内をさせて

頂きます。

皆様、今年はどんなクリスマスを

過ごそうか、もう決めていらっしゃいますか?

決まっていない方は、

ぜひ、この先もお読みください。

お料理教室プロテジェでは、

”ノエル・ロゼ”

と題しまして、

ピンク色のクリスマスを

ご提案させていただきます。

何がピンクかというと、

テーブルセッティング、

そして、お料理それぞれの

随所にピンクを効かせる、

そんなワクワクを

ご紹介しますね。

女性は、ピンクが大好き。

何かしら、ピンクのものを

身に付けると

幸せを運んでくれるとまで

聞いた事があります。

クリスマスをピンクに飾る、

その発想で、

来年も縁起の良い年を

迎えられるかも。

それでは、お料理の紹介です!

 ⚫️〜オードブル〜

蟹のレムラード

レムラードとは、マヨネーズ和えのこと。

自家製マヨネーズと蟹を和えてサラダ仕立てにします。

ピンク色のラディッシュを

きれいに整列させて。

⚫️〜スープ〜

栗のスープ、ビーツのあわ

クリーミーなカリフラワーを真っ白なスープに仕立てました。

ビーツの泡をのせて、ピンクを添えます。

⚫️〜メイン〜

クリビアック、ディルのソース

サーモンとゆで卵のパイ包み焼きにしたロシアの料理に

絶品!ディルのクリームソースを添えます。

ここでは、サーモンのピンクを。

⚫️〜デザート〜

ラズベリーのパリ・ブレスト、

薔薇のパンナコッタを添えて

どちらもピンクいろで素敵です。

(写真はパリ・ブレストだけです)

〜ワインセミナー〜

 今月のワインセミナーは
「ロゼ・スパークリング」です


グラスに注ぎながら、

ワインの特徴をしっかりつかみましょう。

テーブルコーディネートの説明などもさせて頂きます!

これら4品の ルセット(レシピ)、

ワインをご用意致しまして、

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

*コロナの感染対策は万全にさせていただきます。

朝の検温、マスク着用、手洗い、消毒などのご協力をお願いいたします。

人数が多い場合は、パーテーションの準備も致します。

ご興味がありましたら、こちらのリンクをクリック。

ルソン・ド・ノエル(クリスマスレッスン)の参加申し込みはこちら

お料理レッスンですが、

食べるだけでもOK。

今年のクリスマスが皆様にとって、

極上のクリスマスになる

お手伝いをさせていただきます。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

「初級のフレンチを学ぶ」

1年間のメニュー一覧表は

こちらです。

「美食家のための

フレンチを学ぶ」

1年間のメニュー

一覧表はこちらです・

ボージョレーヌーヴォーの「オシャレおつまみ」を作って乾杯!のレッスン。

こんばんは!

“オンラインで乾杯!ボージョレの肴レッスン”
のお知らせ

早いもので、
もう10月となりました。
11月の第3木曜日は
ボージョレ・ヌーヴォーの
解禁日です。

ワイン好きなあなたに、

ワイン初心者のあなたに。



・シャルキュトリーやチーズ以外に

 ボージョレ・ヌーヴォーに

 何を合わせて食べたらいいの

 かわからない、
・そもそも、ボージョレ・ヌーヴォー自体がよくわからない…
・簡単なおつまみを知りたい

・それがおしゃれなパーティーフードであれば、もっと良い
・お酒好きな方との交流を楽しみたい


という方に、
オンラインで簡単なセミナーを交えながら、

すぐに作れる、
フィンガーフードを含む、おつまみ作りを

ご一緒したいと思います。

ママ友さんや

ご近所さん

学生時代からのご友人を招いて、

ホームパーティーなどが

目白押しな季節ですよね。

「オシャレおつまみ」は、クリスマスなどで

ホムパをされる際にも

使っていただけるような、

フレンチまたは和ベースの

美味しいおつまみです

当日は、ワイン好きだったり、

おもてなし好きだったりする

全国から集まってくださった皆様と



レッスンが終わったら、
そのまま飲み会🍷。
飲んで、食べて、
おしゃべりも楽しみます。

ボージョレ・ヌーヴォーや、
レッスンで使う、
手に入りづらい調味料は、
配送させて頂きます。

日程は、
11月22日(日)
時間は、
19:00〜
zoomにて開催します。

詳細は、
オンラインで乾杯!ボージョレーの肴レッスンの参加申し込みはこちら

たくさんの方の
ご参加を
お待ちしております!

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

フレンチ料理教室 初心者様のお鍋の選び方

こんばんは!

「フライパン、
お鍋が揃っていないのですが、
フレンチが作れますか?」

そうですよね。確かに、
お鍋などの道具が揃っていないと
お料理できないと
思ってしまいますよね。

このような質問にもっと早く気づいていればと
思い悔やんでいます。
なので、皆様にも
お答えを載せます!

どれくらいのお鍋やフライパンなら
お持ちなのか、人それぞれかと
思いますが、

私は、シンプルに4つの鍋、
一つのフライパンでこなしています。

まず、小鍋。
ソースを煮詰めるときなどに使います。
小さな野菜を茹でたりします。
ちなみに、IKEAのもので十分です。

それから、18cmの片手鍋
野菜をグラッセにしたり、
茹でたり、
4人分のスープを作ったり。
こちらはクリステルの厚手。

22cmの両手鍋。
4人分の煮込み料理を作ったり、
6人分のスープを作ったり。
パスタを茹でたり。
こちらは、7層構造の厚手です。

平鍋。平たい鍋。
リゾットを作ったり、
ソース、ルーを作るのに使います。
ちなみにIKEAのもので十分です。

フライパン。
お肉やお魚をポワレにしたりするのに使います。
ノンスティック加工され、
素材がくっつかないので
便利です。
28cmのクリステルのものを使っています。

この4つが基本のセットです。
意外に少ない⁉︎
そうかもしれません。

あと、欲を言えば、
ル ・クルーゼや
ストウブの大きめのお鍋があると、
煮物がふっくらと
美味しく仕上がります。

また、鉄の小さなフライパンがあると、
ステーキなどに便利ですね。

こんなところでしょうか。

お鍋の素材ですが、
厚手のステンレスが便利です。
また、オーブンに入れられるよう
取手の外せるものか、
取手が金属のものを使います。

なので、外国製のものが無難です。

外国製のステンレス、お高いのも確かです。

でも、安いものですぐにダメになるお鍋も
たくさん見てきています。

捨ててゴミを増やすのは、
私は大反対、というスタンスで

高くても、良いもの、
機能的なデザインのものを使うのを
お勧めします。

なぜなら、それらは一生ものだからです。

だから、かえって、安いのです。
ゴミにもならない。

場所を取らず、かさばらないように、
「クリステル」のものは便利かと
思います。

以上、「お鍋トーク」でした。

写真は先日作った
ワンプレート。

美味しく出来たので、
またご紹介しますね。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

「初級のフレンチを学ぶ」

1年間のメニュー一覧表は

こちらです。

「美食家のための

フレンチを学ぶ」

1年間のメニュー

一覧表はこちらです・

【豆知識】ジャガイモの歴史。そして、クリスマスに向けて、体験レッスンのご案内。

こんばんは!

今月の

「初級のフレンチを学ぶ」では、

メイン料理に「アシ・パルマンティエ」

というオーブン料理を作ります。

ジャガイモのピュレがそれは優しくて、

下に敷いたひき肉はそれは香ばしくて、

その2層のハーモニーは、

とても口に言い表すことのできない

フランスの伝統料理です。

もう、

「フランス料理万歳!」って

叫んでしまうほど。

フランス料理では、

ジャガイモをめっちゃ使います。

でも、その歴史は、とっても過酷だったのです。

(ジャガイモにとって)

ジャガイモって、18世紀まで

家畜の餌だったんです。

このお料理の名前にも使われる、

パルマンティエ氏は薬剤師だったのですが、

7年戦争に従軍してドイツに捕らえられ、

5年に及ぶ捕虜生活の中、

仲間とともにジャガイモばかり食べさせられたのです。

彼はジャガイモを食べたことがなかったのですが、

彼は捕虜生活を生き延びる中で

ジャガイモの高い栄養価に

絶対の信頼を置くようになり、

フランスに帰国してからは

人間の食べ物として

ジャガイモを推奨するようになったということです。

又、ジャガイモは数ヶ月保存できるため、

航海用の食べ物として最適でした。

ジャガイモを積んだ船に乗ると

長い航海から生還できる確率が高くなりました。

航海中に食べきれなかったジャガイモが

目的地で廃棄されると、

南北アメリカ大陸、太平洋の島々、

そしてアジアの様々な地域にも伝わった

ということです。

以上、ジャガイモの豆知識、でした。

食卓でご家族の会話の中に

使って下さいね!

こちらのお料理は10月18日(日)の

初級フレンチで作ります。

もし、よろしかったら、

前日にトライアルレッスン(体験レッスン)

も開催しますので、(残席1)

初級フレンチを迷っておられる方は

ご検討くださいね!

トライアルレッスンの参加申し込みはこちら

再来月の11月は

なんと、クリスマスレッスン。

お腹にピラフを詰めた

ローストチキンを焼きます!

オードブルも、食卓に歓声が上がる

素敵なオードブル、そして

とっても簡単なビュッシュ・ド ・ノエル

も作ります!

食卓って、エンターテイメント!

ハロウィンやクリスマスに

何を作ろうか、お決まりでなかったら、

お待ちしています。

ちなみに、11月の体験レッスンは、

11月21日ですので、

初級フレンチのクリスマスレッスン、

11月15日なので、終わってしまっています。

クリスマスレッスンを受けたいな

とお考えの方は、

来月の17日のトライアルレッスン

で、どんな料理教室なのか

体感して下さいね。

昼夜の気温の差が激しい昨今です。

風邪など引かれぬよう、

ご自愛下さいね。

フレンチ料理教室、オトナハロウィンのためのメニュー

こんばんは!

先日、インスタライブ、させて頂きました!

必死の形相のワタクシですが💦

初めてだったので、

誰も来なかったらどうしよう〜と

不安でいっぱいでしたが、

たくさんの方にご覧いただいたようで、

お陰様でとっても盛り上がりました!

お越しいただいた方には、

厚く御礼申し上げます。

そして、

早速に作ってくださった方もいらっしゃって…。

ビーツが無いからリンゴで。

素敵に再現して頂き、感激です。

さて、もう、10月の足音が聞こえてきています。

今日は、「美食家のためのフレンチを学ぶ」

ハロウィン・レッスンのご案内です。

メニューはこちら。

オードブル:ムール貝のクリーム仕立て、カレー風味

スープ:サツマイモのスープ

メイン料理:舌平目のブレゼ(蒸し焼き)、ポティロン(かぼちゃ)のソース

デザート:スパイシーなバナナのムース、黒糖とラムの香り


です。

実はワタクシ、お料理する前日、

ドキドキして不安に駆られてしまうのです。

上手くできなかったらどうしようって。

怖くてたまらないんです。

だって、せっかく材料揃えているのに、

上手くできなかったらそれが無駄になってしまう…。

でも、こうするとその不安は吹っ飛び

逆に楽しみでと〜っても幸せな気分で眠れるのです。

どうするかというと、

そのレシピを読み込み、頭のなかでシュミレーション。

そして、「できる!」と思う瞬間

途端に幸せな気持ちになり、

お料理するのが楽しみで仕方がなくなるのです。

この幸せな気持ち、私だけ独占しているのはもったいないです。

ぜひ、こちらをお読みの皆様に味わって頂きたいのです。

上記のメニューは、

オトナのハロウィンのおもてなしにピッタリかと思います。

どのお料理も絶対にお気に召して頂ける!

自信を持って

お勧めします。

日程は10月9日(金)10:30~

を予定しています。

どこまで前日に仕上げて、どこから当日に仕上げるか、

タイムスケジュールもお教えしますので、

オトナの女子会にぜひ、おもてなしして下さいませ。

おもてなしは苦手という方も、

美味しいレシピを知っているというだけでご満悦に。

日常に再現してご自身の舌を喜ばせてあげて下さい。

もちろん、合うワインもご提案します!

フレンチ料理教室 Protéger(プロテジェ)では、

年末にかけて、盛り沢山なイベントに合わせ、

お料理レッスンを開催しています。

初級のフレンチを学べる、

「初級のフレンチを学ぶ」

初級のフレンチを学ぶの参加申し込みはこちら

中級のフレンチを学べる、

「美食家のためのフレンチを学ぶ」

美食家のためのフレンチを学ぶの参加申し込みはこちら

ぜひ、こちらでメニューを確認して下さいね!

「美食家フレンチ」は、一度に限り、

体験もしていただけます。

「初級フレンチ」の体験レッスンは、

別に日を設けています。

(10月17日)トライアルレッスンの参加申し込みはこちら(残席1)

(11月21日)トライアルレッスンの参加申し込みはこちら

コロナ禍下のクリスマスについて考えました。

こんばんは!


もうそろそろ、10月ですね。
今年も後3ヶ月という、ひえーっな状態になりました。
ということに最近気付いて、
大慌てで年末にかけてスケジュールを整理した私です。


知っていました?
クリスマスレッスンが2ヶ月後なんです。
誰も知るわけないですよね!
私も知りませんでしたー汗 汗 汗
なので、急ぎメニューを考えました。


今年のクリスマス。そう、コロナ禍の中でのクリスマス。
私はおうちで過ごす方が多いと予想しています。
特に、
今年前半はご家族で過ごすことの大切さ、重要さに
気付かれた方が多いと聞きます。
なので、クリスマスがとても温かみのある1日になるのでは?
久美子予想。そうなれば、いいな。



私は、子供たちが小さい頃から
おうちで過ごすクリスマスを体験させてきました。
なぜか。
夢のあるおうちを作りたかったからです。
又、そのようなおうちを作ることで、
子供達に温かい体験をさせたかったですし、
自分たちが恵まれているという実感も育てたかったからです。
御馳走って、「夢」ですよね。
映画のような、絵本のような、そんな世界を実体験させたいとの思いでした。
そのおかげか、次男は中2でもサンタさんを信じていたのです。




なぜ、そんな「夢」を追求したかったのでしょうか?
それは、それらの体験が「原動力」であって欲しかったからです。
人は、小さな頃の素敵な思い出を再現したい!と思うものです。
それが、美しいもの、素敵なことであればあるほど、
彼らの人生も良くすると思っています。
それはある意味、財産になりうるのではないでしょうか?



外食ではダメですか?
的な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
舌って不思議なもので、記憶に残るんです。
それが「外の味」だと、少し寂しく感じませんか?




皆様に良いお料理のアイデアがあるなら、
得意料理がおありなら、私の出番はないですが、
私は、お料理を生業にできて、
こんな時にとても良かったと思います。
私のスキルで皆様方のおうちにハッピーを呼び込むことができる!
そう思うからです。
今年のクリスマスは皆様に貢献させて頂きたい。
そう考えてのメニュー、又見てくださいね。



あ、そうそう。ハロウィンも然り。
ハロウィンもお家で楽しめる工夫もさせていただいております。
又、ご案内いたしますね。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

低糖質薬膳フレンチ教室、今回は薬膳セミナーでした。

こんばんは!

昨日は、低糖質薬膳フレンチ教室でした!

今回は薬膳のセミナーの回です。

平野みどり先生のセミナーを聴いて頂きました。

秋を通して、食べた方が良い食材の紹介や効能など、

とても興味深い内容でした。

セミナーの後はお料理レッスン。

「ぶどうと紫キャベツのコールスロー」

「鮭とキノコのトマトクリームシチュー」

「イチジクのサバイヨン」

を作りました。

昨日は千葉、新潟からのご出席の生徒様で、

お二人とも普段から意識が高くていらっしゃる方。

薬膳の知識や、低糖質の知識も持っていらっしゃいました。

お一人の方はそれでしっかり痩せられて、結果も出されています。

それでも引き続き学ばれるという、素晴らしさなんです。

レッスン終了後は、和気藹々と低糖質担当の坂東さん、薬膳担当のみどりさんと作った料理を食べます。

いつも、「美味しい美味しい」と言って食べてくれて嬉しいです。

無事講座が終了して

リラックスできるひとときです。

次回、低糖質薬膳フレンチ教室は10月25日(日)を予定しています。

次の担当は低糖質の坂東さんです。

健康的に無理のないダイエット法などをお教えいただきます。

低糖質薬膳フレンチ教室の参加申し込みはこちら