今月のコラム

2022.6.1

パリ、旅の思い出

6月という月に過去3度フランスを訪れています。

この季節限定でフランスを訪れている理由は、

気候が良く、暖かくて陽が長いので治安もいいというわけだからです。

いろいろな思い出があるのですが、まず思い出されるのはマルシェでお買い物をして、

その食材で、手配してもらったアパルトマンでお料理したこと。

ホロホロ鳥を捌いたり、チーズを盛り付けたり、アンコウ、アーティチョークも料理しました。

アパルトマンの窓からはエッフェル塔が見えるという、

最高のロケーションでした。

夕刻より、できたお料理でアペロタイム。

おしゃべりが弾み、お食事も進んで、宴もたけなわになった頃に

エッフェル塔のシャンパンフラッシュがキラキラと。

すごく素敵なシチュエーションでした。

今は、なかなか海外行きにくいですが、

また行ける時には、同じ場所で美味しいお料理作りたいなと思います。

生徒様もお連れして、あちこちの美味しいパリも楽しみたい。

次の滞在では、どんなメニューにしようか今から楽しみ。

日本にも旬ってありますが、

フランスのマルシェにも、その季節ならではの食材が並びます。

店員さんも優しくて、プロ意識の高い方ばかりで、

魚を買った時には、めちゃ美しく捌いて包んでくださいました。

手仕事のキレイなフランス人らしいエピソードです。

話はそれますが、手仕事がキレイなフランス人と言えば、

私が通っていた、料理学校のシェフも素晴らしくて、

いつも、目がハートになっていました。

フランス料理と言えば、レストランで出されるお皿がとっても美しいのが特徴です。

しかし、それだけではなく、下ごしらえから美しいのです。

大きさの揃った、タッパーに美しいサイの目に切った野菜を種類毎に入れていました。

そんな風に、フランスという国を肌で感じられるのは、

実際に行って、その風習を目の当たりにすることです。

面白く旅行をすることのうちの一つに

パリのマルシェでお買い物をして、自炊するのもまた楽しい。

もちろん、レストランへ行くのも勉強になるけれど、

現地の人に混じって、暮らすように旅をする。

それもまた、旅の醍醐味かもしれませんね。

早く、自由に行けるといいなあ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。