今日のお正月レッスンのご報告と歳末マルシェのご案内

こんばんは!

怒涛の5日間が終わり、

レッスンもイベントも無事に、いえ想定以上の満足感をもって終了いたしました。

終えた時のホッとした安堵感と達成した高揚感は格別です。

お金では買えない、何よりの嬉しさです!

今日は、「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」12月のお正月レッスンでした。

この回はおせちではなく、

生徒様の作りたい!とリクエストのあった、

「白身魚のテリーヌ」と

「牛肉の赤ワイン煮」を実習しました。

新しい生徒様を迎え、

遠く香川県からお越しくださる生徒様、

そしてリピート2回目の生徒様と3人でのレッスンでした。

こちらは、休日レッスンの時の写真ですが、

しつらえはこんなふうにいたしました。

和風なのか、アンティークなのかといったところで

その融合を楽しみました。

今日のしつらえのお写真は撮り忘れました💦

今日のウェルカムデザートです。

グジェール。

塩味のシューです。

ご試食は1時を回りますので、

お腹が空き過ぎないようにご用意しています。

毎度のことながら、

皆様の惜しみないご協力の下にお料理出来上がりまして、

大変美味しく召し上がっていただきました。

こちらは、白身魚のテリーヌが丁度焼き上がったところ。

10分でできる、アミューズ(フィンガーフード)。

・金時人参のオリーブオイルグラッセ

・蓮根のピクルス、ゆず風味

・筍のバリグール

白身魚のテリーヌ

お正月に作ります!という、生徒様の決意表明も聞かれた、テリーヌ。

難しいように見えるかもしれませんが、

ポイントさえしっかりと押さえていただいたら

簡単にできます。

牛肉の赤ワイン煮

ソースの濃度が抜群で

お肉にソースがまとわりついてテカっています。

理想的な出来栄え。

見た目が美しいと、ソースのお味も抜群になります。

実は写真より、実物の方が断然美味しそう。

金柑のティーケーキ

こちらのケーキも大変大変好評で、

酸味と甘味のバランスが素晴らしいです。

パサつくことなく、しっとりと仕上がっています。

今回のお料理、お正月に全て作りたいと

頑張って下さるそうです。

一生懸命考えたレシピが

生徒様の食卓にのぼるのは

この上なく嬉しいのです。

さらに頑張ろうって思えます。

今日で、今年のレッスンは全て終了しました。

多忙なために投稿に上げていないレッスンもございまして、

ご参加くださった生徒様に申し訳なく思います。

来年は、素敵なレシピを更に考え、皆様の食卓に更に登場できるように頑張ります。

楽しいことが数えきれないくらいある、レッスンやイベントの数々。

幸せな気持ちで今年を終えられそうです。

これもひとえに生徒様方の惜しみないご協力の賜物です。

ありがとうございました。

最後にお知らせを。

いつもイベントをさせていただいている、

神戸御影のアビエスフィルマ様が

歳末マルシェを開催されます。

そちらに私のお料理やスイーツを出店させていただきます。

お正月のお料理に飽きてしまうこと、あるあるですよね。

そんな事態に陥った時のためのフレンチです。

・和風パテ・ド・カンパーニュ

・ケーク・サレ

・白身魚のテリーヌ

おまけというか、プレゼントに

・金柑のティーケーキ(スイーツ)

4種2切れづつお二人分で

¥2500-

を販売しております。

(要予約)

kumikoroses@gmai.com

までご連絡いただければと思います。

年末にお目にかかれる方があれば、とっても嬉しいです。

他に、無農薬野菜、お餅、

新春にふさわしい広瀬佳子さんのお花のアレンジメント

お正月に使っていただけそうな堀川貴永氏の器

も販売されます。

お正月を彩る、素敵なお品が揃いそう。

ぜひ、足をお運びください。

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)の

レッスンやイベントのお知らせをメールにて、

ほぼ毎日配信しております。

メールでの配信をご希望の方は

以下からご登録をお願いいたします。

料理アーティストHirano Kumikoの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこち

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。