寒さを吹き飛ばす!愛を勝ち取る!ヴァレンタインにはコレ!

こんばんは!

寒い1日でしたね。

寒いと足腰にきます。

そんな年齢です。

明日から、

「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」1月のお申し込みを開始します。

ヴァレンタインデーにいいんじゃない?というお料理とか、寒い時節に食べたい!ってお料理をご紹介します。

こちらは休日コース(第3日曜日開催)のお料理。

特に、今日のように寒い日に食べたいのが、

「仔羊のシャンヴァロン風。」

ル・クルーゼやストウブなどの重たい鍋で作りたい。

お鍋一つで簡単にできちゃう

焼いた仔羊とふんだんのじゃがいも、玉ねぎ、ハーブをスープでコトコト煮るという

単純なお料理です。ハーブが肉の臭みを抑え、いい仕事をします。

複雑な工程はないのに、スープに染み出したとってもコクのあるおだしがたまりません。

そのおだしの中でじゃがいもをホロッと煮崩れるまで煮まして、

熱々をフーフーと言いながら食べるから美味しいに決まってる。

こちらのお料理、シャンヴァロンというのは、

国王ルイ14世の愛妾の一人です。

そのシャンヴァロン夫人またはその料理人が考案したお料理で、

ライバルのマントノン夫人の羊料理に対抗して作ったとか。

この料理で一時的にではありますが、王の愛を勝ち取ったといいます。

今年のヴァレンタインにいかがでしょうか?

愛を勝ち取れるかも〜!

また、第3水曜日開催の平日コースでは

これまた、すごいですよ。

「ポ・ト・フー」です。

こちらも歴史は古く、中世から伝わります。

知っていましたか?

ポトフって、スープと具を別々に食べます。

スープを先に供し、具をメインディッシュにするのが王道。

具には、特製タルタルソースをかけて頂きます。

そして!お肉は牛テール肉を使います。

コトコトと2時間ほど煮込んで、野菜を加えて柔らかくなるまで煮たら出来上がり。

美味しいお肉さえ入れておけば、あとは火にお任せでできるお料理なんですね。

頼もしい、牛テール肉です。

昔から大料理人たちも料理自慢の素人もうんちくを傾ける料理だそうです。

楽しみですね。

どちらもヴァレンタインに彼の心を捉えそうですよ!

愛情の捉え方はいろいろありますが、

胃袋を捉えて離さないのは、昔から変わらない手法で

一番罪のない戦法です。

この戦法で今年も攻めましょう、

お申し込み期間ですが、

12月15日(木)〜12月22日(木)になります。

「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」は6回1クール。

半年コースで、お料理を上達させたい方に向けての

お料理講座です。

どんな講座なのか、はたから見ていたら

わからないと思います。

なので、1回のみ、体験して頂けます。

(体験レッスン)

体験されて、よく吟味されて

受けられるかどうかを検討していただいてもいいですね。

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)の

レッスンやイベントのお知らせをメールにて、

ほぼ毎日配信しております。

メールでの配信をご希望の方は

以下からご登録をお願いいたします。

料理アーティストHirano Kumikoの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこち

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。