【おもてなし成功術】ピニャータの思い出

こんにちは!

私はおもてなし歴30年です。

子供たちが小さい時から、

親しい人におもてなしをしてきました。

最初に誘うって勇気が要りますね。

でも、得意料理ひとつあれば、

共有することができるのです。

簡単なものでいいのです。

簡単であれば、かえって皆そのレシピに食いつきます。

そして、教えて差し上げる!とても喜ばれます。

なので、自信を持って誘っていただければと思います。

私は30年前からママ友さんやご近所さん、夫の同僚や昔の友人、を誘っていました。

その時から、

「美味しかったです!」とか、

「お料理上手ですね!」とか

「楽しかったです!」など

お世辞であっても

とっても嬉しく感じました。

外国の方をおもてなししたこともあります。

お隣に住んでいた、メキシコ人ご夫婦。

外資系の大手製薬会社で日本に駐在されていました。

とってもフレンドリーな奥様とすごく仲良くなりました。

外国の方は、招いたら招き返すという文化です。

子供たちが小さい時で、

子供たちにとっても楽しい思い出をたくさんもらいました。

中でも特に心に残っているのが、

クリスマス。

敬虔なクリスチャンのご家族でしたので、

厳かなクリスマスをご一緒させていただきました。

おもてなしって、少々勇気のいることかもしれません。

特に外国の方なんて!

でも、誘ってみたら、すごくエキサイティングしてくれます。

私にとってもエキサイティングで、

とっても素敵なお返しが待っていた!ということも

たくさん経験しました。

そんなに大層なことばかりではありませんが、

その方にはとても素敵な思い出をいただきました。

そのメキシコ文化の大きな遊びの一つに

「ピニャータ」というものがあります。

大きなくす玉を天井から吊り下げてそのくす玉を

順番に目隠しをした子供たちが叩きます。

叩いて破れたくす玉の中から、

たくさんの種類のお菓子が溢れるのです。

それをたくさん拾うといいという風習です。

これには子供たちも喜びすぎた!!

おもてなしって、世界が広がる、

私にとってはそんなイメージです。

メリットのたくさんあるおもてなしを

皆様に味わっていただきたいです。

「幸せになるおもてなし」プレパーティーまであと21日!

12月15日(木)12:00~

芦屋市内のレンタルキッチンにて

当日は、クリスマスのフィンガーフードでおもてなしをします。

おもてなしに必要なグッズ、お教えしますね。

(お料理レッスンはございません)

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)の

レッスンやイベントのお知らせをメールにて、

ほぼ毎日配信しております。

メールでの配信をご希望の方は

以下からご登録をお願いいたします。

料理アーティストHirano Kumikoの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこち

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。