「幸せになるおもてなし」幸せとは与えられるのではなく、自分で創り出しましょう。

こんにちは!

昨日は、パリ帰りのお友達に誘って頂き、

アペロの時間を楽しんでいました。

フロマージュやコンフィチュールなど

パリで買ってきてくれたお土産を

ワインと共に頂きました。

今や、円安に加え、

戦争やコロナの関係で

旅行はままならないご時世。

それでもお仕事のために勇気を出されて

行かれた方のパリ便りは

変わらず美しく、

魅惑に満ちていました。

フロマージュもコンフィチュールも

現地で食べているような不思議な感覚に陥るほど、

新鮮で美味しかった。

素敵なお土産も頂戴し、

こちらで勉強して、

美味しいフランス料理づくりのヒントに

させて頂きます。

いよいよ、「いつもの材料でできる、

フランス料理講座10月」のお申し込みが

明日までとなりました。

すでにお申し込みをいただいております。

幸せって、与えられるものと思って

待ってばかりいる方はいませんか?

私もかつてはそうでした。

幸せは自分で創り出すもの、

幸せは自分の中にあるもの

そう気づいてから

生活が一変しました。

お料理の勉強を始め、

おもてなしやお料理教室を始めて、

自分の為すことによって、

人様が喜んでくださることに

開眼したのでした。

それまでは、人様にしてもらって喜んでいる側だった私は

喜んでもらうために工夫をすることの大切さを学びました。

「幸せになるおもてなし」は、

あなたが成し遂げたことを人様が喜ぶ姿を見て、

あなたもまた嬉しくなるというものです。

「モノより思い出」という車だったかのコマーシャルがありました。

そんなふうに後々に思い出してもらえるような

素敵なおもてなしを目指します。

これは、自分を売るということでもあります。

だって、たった1回の人生。

人様に認めてもらいたいじゃありませんか。

おもてなしが終わるまでの緊張感や、労力はもちろんたくさんありますが、

皆で写真を撮りあったり、お料理の写真を撮っていただいたり

褒めてもらったり、感心してもらったり。

後々にメールやLINEなどで、

お礼のメッセージをもらうときは、

素敵なプレゼントを開ける楽しみに似た、

ワクワク感を感じることができます。

ダイヤモンドを買ってもらって喜ぶ、

それだけの人生より、生きている実感があって、

ワクワク度が違うんです。

人脈も増え、あなたの評判も上がって、

あなたの家に招かれたい、

そんな憧れの存在になれるかも。

お料理ひとつでここまでになれるんです。

私と一緒に頑張ってみませんか?

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)の

レッスンのお知らせをメールにて、

ほぼ毎日配信しております。

メールでの配信をご希望の方は

以下からご登録をお願いいたします。

料理アーティストHirano Kumikoの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこちら

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。