【レシピ付き】ワインにあう肉じゃが!ドライトマトの肉じゃが風

こんばんは!

9月も後半に差し掛かる時に

暑さの記録更新だなんて、

忍耐力が持たないですね。

なので、早朝にお料理しています。

涼しくて、はかどるんですよ。

今夜は、こんなお料理をご紹介させて下さい。

ちょっと、癖になるお味。

普通の肉じゃがより、ワインに合うので、

ワタシは好きです。

「ドライトマトの肉じゃが風」

ワインにあう、肉じゃがです。牛肉にトマトがよく合うので、ドライトマトを合わせて醤油で味付けしました。

いつもの肉じゃがに飽きたら、こんな一品をお勧めします。

牛肉が安売りしていたら、ぜひお試しください。

あとは家に常備してある材料で手

軽にできます。

冷めても美味しいので、オトナのお弁当にお勧めです。

「ドライトマトの肉じゃが風」

(調理時間:10分)

*加熱時間を除く。

——————-

【材料3人分】

——————-

牛肉切り落とし:150g

じゃがいも:2個

玉ねぎ:1/2個

ドライトマト:6枚

オリーブオイル:大さじ1

白ワイン:100ml

醤油:小さじ1

塩:少々

白胡椒:少々

——————-

【手順】

——————-

【下準備】材料を揃える。

ドライトマトは熱湯に浸けて7〜8分ほど戻す(戻し汁はとっておく)。一口大に切る。

【1】玉ねぎはくし切り、じゃがいもは3cm角に切る。

【2】鍋にオリーブオイルを熱して、玉ねぎと牛肉切り落としを牛肉の色が変わるまで炒める。じゃがいもを加える。

【3】白ワイン、ドライトマトを加え、ドライトマトのもどし汁を150cc加える。

【4】塩、白胡椒、醤油で薄味に調味する。落とし蓋、または紙蓋をして、じゃがいもが柔らかくなるまで弱火で煮る。

使うお鍋ですが、テフロン加工されたものをお勧めします。

牛肉って、ステンレスなどのお鍋にくっつくのが難点です。

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)の

レッスンのお知らせをメールにて、

ほぼ毎日配信しております。

メールでの配信をご希望の方は

以下からご登録をお願いいたします。

料理アーティストHirano Kumiko王でしょうの美味しいおしゃべりの購読申し込みはこちら

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。