【レシピ付き】豆乳で仕上げる、舞茸とベーコンのクリームパスタ

こんばんは!

今日は、カーブスへ行って、

筋トレをし、美容院へ行って、髪を染め、

そして、お料理していました。

「いつもの〜」10月の試作でしたが、

今日も美味しくできました。

私がコルドンブルー時代に

美味し♡と思ったルセットで、

いつ使おうかいつ使おうかと

出番待ちだったお料理です。

まあ、それだけでレシピって決めるわけには

いかなくて、私が絶賛悶絶中!みたいなレシピでも

生徒様が作りにく〜!というものでは

レッスン失格になりますので、

検討しています。

ただ、今までの復習箇所が随所にあるレシピでして、

知っておくと、美味しいもの食べたいときに

嬉しいかも、とは思っています。

詳しくは決定してからご紹介しますね。

今日は、お昼にパスタを作りましたので、

こちらはご紹介させてください^_−☆

「豆乳で仕上げる、舞茸とベーコンのクリームパスタ」

クリームスパゲッティはちょっと重いなー…という時、

ダイエット中の方、お年寄りの方に召し上がっていただきたい時に便利なレシピです。

冷蔵庫に保存できる食材だけで作ったので、思い立った時に作っていただけます。

「豆乳で仕上げる、舞茸とベーコンのクリームパスタ」

(調理時間:15分)

——————-

【材料2人分】

——————-

豆乳:200ml

ベーコン:100g

舞茸:1パック

とうもろこし:50g

薄力粉:大さじ1

スパゲッティ:160g

塩:適量

白胡椒:少々

オリーブオイル:大さじ1

——————-

【手順】

——————-

【下準備】スパゲッティは2リットルの湯に20gの塩を入れて、袋の表示通りに茹でる。

【1】ベーコンは1cmの棒切りにする。舞茸はほぐす。とうもろこしは汁気を切っておく。

【2】フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒める。少し炒めたら、舞茸を入れ、しんなりするまで炒める。

【3】そこへ薄力粉を入れて、粉気がなくなるまで炒める。

【4】豆乳を少しずつ、ヘラで良く混ぜながら加えていき、全て加える。とろみがつく。

【5】塩を加え、白胡椒も入れて、仕上げる。その間にスパゲッティが茹で上がるので、トングでスパゲッティを掴んで、隣のフライパンに入れる。

(茹で汁が少量入るのが良い)

【6】皿に盛り付けて出来上がり。

*茹で上がったスパゲッティをザルにあけるのではなく、

茹で汁が少し入るように、トングで鍋から直接ソースの中に入れるやり方で、

ソースに自然と塩分が入ります。

また、スパゲッティが馴染みやすい固さになるのでより良い仕上がりに。

ベーコンは、ブロックを使うと、より食べ応えがあります。きのこはなんでもOK。

♡…°。°** *…♡…°。°** *…♡…°。°**

○フレンチデビューレッスン

フランス料理が初めましての方に。

手取り足取りお教えします。

対面レッスンを

月に1回開催しています

<フレンチデビューレッスン(対面コース)9/17( 土)>

・マグロとアヴォカドのタルタル

・スズキのナージュ、カレー風味

デザートもレッスンいたします。(メニュー未定)

白ワイン1杯を添えて出します。

基本のワインセミナー も。

場所:芦屋市山手町(詳しい住所はお申し込み後にお知らせいたします)」

費用:6800円(オードブル、メイン、デザート、ワイン1杯、コーヒー付き)

全12回 1年コース(単発でもOK)

その後、「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」へ進んでいただきます。

フレンチ・デビューレッスンの参加申し込みはこちら

◯お料理慣れてこられたら、

「いつもの材料でできる、フランス料理講座」

(初級レッスン)

まず、休日コースです。(9月18日(日))

10分でできる、フランス料理3品

こちらをアフタヌーンティー形式で召し上がっていただきます。

スコーン(クロテッドクリーム&ジャムを添えて)

サーモンムースのクロワッサンサンド

卵のサンドイッチ、カレー風味

そして、オードブル

いちじくとカツオのタルタル、

ごぼうのフリットといちじくの素揚げを添えて

(賽の目に切った、いちじくとカツオをドレッシングで和えたもの)

メイン料理は

合鴨のポワレ、葡萄添え(鴨肉は、買いやすい合鴨にしました)

デセール(デザート)は、

モンブラン・タルト

image

ワイン一種つきます。

フランスはボルドーの赤ワイン

手製の焼き立てパン

美味しいコーヒー付き

平日コース(9月21日(水))

「10分でできる、フランス料理」

こちらをアフタヌーンティー形式で召し上がっていただきます。

スコーン(クロテッドクリーム&ジャムを添えて)

サーモンムースのクロワッサンサンド

卵のサンドイッチ、カレー風味

オードブル

「秋のフォカッチャ」(秋野菜をのせた、フォカッチャです)

メインは、

ウフ・アンムーレット

(牛肉の即席赤ワイン煮込み、ポーチドエッグのせ)

デザートは、

「栗のミル・クレープ」(栗のクリームを挟んだクレープを何層にも重ねたもの)

ワインが一杯つきます。

フランスは

ブルゴーニュの由緒ある赤ワインです。(予定)

どちらもプティ・ワインセミナー があり、

ワインを1種類、お料理とともに

試飲して頂きます。(ノンアルドリンクもあり)

休日コース、平日コースともに

6ヶ月コース

79800円(税別)

1回のみ、体験レッスンとして受けていただけます。

¥11000ー

いつもの材料でできるフランス料理講座の参加申し込みはこちら

④好きなお料理を組み合わせて、

皆でワイワイしながら、好きな日時に

好きな方たちと集まりたい。

そんな方に、新コースもございます。

4名様以上、集めてくださったら、

お好きにカスタマイズしたお料理レッスンいたします。

⑤大切な人との食卓を彩る、フレンチマスターレッスン

(旧美食家のためのフレンチを学ぶ)

お休みをいただいています。

◯アクセス

JR神戸線 芦屋駅より徒歩15分

阪急神戸線 芦屋川駅より徒歩7分

阪神線  芦屋駅より徒歩25分

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。