素敵にテーブルセッティングをお家でしていただくためにしたい10のこと。

こんばんは!

今日は、

アンリ・ジローという

ファン垂涎のシャンパーニュを飲みに大阪へ行ってます。

なので、昼間に書いております。

美味しいマリアージュを研究してきますね。

今週来週と、いろいろなレッスンが待っています。

テーブルは、南仏仕様でお迎えしようと思っています。

南仏って、海のブルーだったり、

大気がオレンジ色だったり。

ん?大気がオレンジ色ってどんなん?

ニースの街中なんですが、

ワタクシにはオレンジ色に見えました。

なので、ブルーとオレンジのテーブルを

拵えようと目論んでいます。

南仏で買った、ブルーのテーブルクロスに

オレンジ色の花をイメージ。

お花屋さんに良いオレンジの花があればいいな。

爽やかで、それでいて華やかそうですよね!

こんな風に、お料理が南仏(今月はブイヤベース主体)

なので、テーブルも南仏というように、

とっても単純にテーブルセッティングのテーマも決めます。

来月はですね。

5月なので、先取りして6月をイメージ。

6月って、日本は梅雨ですが、パリは晴天が

続き、夜も10時まで明るく、

街中のカフェはオープンテラスで賑わっています。

パリの昼間のオープンテラスをイメージしますね。

ちなみにテーブルセッティングは、

皆様の手で行っていただいているんです。

写真に収めているのは、テーブルセッティングを

していただいてからのもの。

完成形だと、「どうなってるの?」と

セッティング方法が分からないとの生徒様の

ご意見を取り入れて、もう1年くらいそうしています。

(「いつもの材料でできる、フランス料理講座」のみ)

そうすると、カトラリーやグラスの位置が

明確になるのです。(どちらも右)

お皿はもちろん、ナプキンもマストなんだなって

気づいていただけます。

ご自身で作っていただくと

お料理も美味しいのでは?

と想像しています。

こちらは、昨年の4月のテーブル。

テーマは忘れましたが、やっぱりブルーです。

ブルーグリーンだったかな。

中心のお花は紫陽花でした。キャンドルのブルーグリーンが

紫陽花のグラデーションの中の一つのブルーグリーンと

リンクしていますね。

小物も、ブルーグリーンを置いています。

ナプキンもグリーンがかかったものを使い、

お花を中心にブルーグリーンの色のグラデーションで

決めています。

アンティークがかったプレゼンテーションプレートに

アンティークがかった、キャンドルスタンドが

リンクしています。

こんな風に似たテイストを決めて取り入れると、

素敵になります。

お皿は、大好きなアスティエ・ド・ヴィラッド。

使いこなせるか心配でしたが、

買って正解でした。

どうぞ、ご自身の好きなテイストというものを

大切にして下さい。

並べると、絵のようにうまくいきます。

事前に、お好みのページ(雑誌など)を

切り取って、好きなテイストを研究しておくことを

お勧めします。

いただきもののお皿を使うと、

テイストが乱れますので、ご注意を。

そんなワタクシ、

テーブルコーディネートは

自己流なんです。

なので、正式によくご存知の

お客様には、先に一言

その旨お伝えしています。

あくまで、趣味の延長として、

キレイに見せるということのみなんです。

だから、気楽に取り入れて下さいね。

フレンチデビューレッスンでは、

揃えていただきたい

お鍋の種類や、道具をリストにして

お渡ししています。

お料理習っておうちで実習していただくのが

信条ですから、

どんな道具を必要としているかを

お教えしなければ。

そして、グラスやカトラリーの配置なども

プリントしてお渡ししています。

便利に使って頂けると嬉しいです。

以上、テーブルコーディネートで

やっていただきたい10のことでした。

まとめると、

①事前に気にいったインテリアの載った雑誌を切り抜いて集めておく。

②必要なもの(お皿やカトラリー)の情報を集める。

③街で見つけた、雑誌で見た通りの雑貨を買っておく。

④食事会をするときの、テーマを決める

⑥テーマに沿った色を決める。

⑦テーマの色通りのお花を買いに行く。

⑧テーマ色通りのキャンドルや、ペーパーナプキンを揃える。

⑨大切な人、大好きな人を誘う。

⑩後はお料理を頑張る。お料理の色を揃えると、尚良い。(オレンジのキャンドルにオレンジのスイーツとか)

後は行動あるのみですね。

また、思いついたら、書きますね。

♡…°。°** *…♡…°。°** *…♡…°。°** *.

○フレンチデビューレッスン

2022年1月より開催です。

フランス料理が初めましての方に。

手取り足取りお教えします。

オンラインレッスンを

月に2回と、

対面レッスンを

月に1回開催します。

<フレンチデビューレッスン(オンラインコース)5/14( 土)>

・スモークサーモンのリエット

・白身魚のポワレ、長ネギとジャガイモのエテュベ添え」

費用:4500円

フレンチ・デビューレッスン(オンラインレッスン )の参加申し込みはこちら

単発OK、まとめてご受講もOK

費用:各コース、1回 4500円(税込)

まとめてお支払いの場合、25000円(税込)/6回

*ルセット(レシピ)はjournal(ジュルナル)

(最新情報を載せた、ニュースレター)と共にお宅に郵送させて頂きます。

*デビューに相応しく、マナーも知っておきたい方のために「お皿の置き方」、

「カトラリーの置き方」の方法もお知らせしますし、

レッスンに合わせて揃えて頂きたい、

お皿の大きさなんかもお知らせします。

<フレンチデビューレッスン(対面コース)5/21( 土)>

・タプナードのペンネ

・白身魚のパピヨット(紙包み焼き)

・ダークチェリーのクラフティ(写真なし)

場所:芦屋市山手町(詳しい住所はお申し込み後にお知らせいたします)」

費用:6800円(オードブル、メイン、デザート、ワイン1杯、コーヒー付き)

全12回 1年コース(単発でもOK)

その後、「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」へ進んでいただきます。

フレンチ・デビューレッスンの参加申し込みはこちら

◯お料理慣れてこられたら、

「いつもの材料でできる、フランス料理講座」

(初級レッスン)

5月18日(水)11:00〜(平日コース)

5月15日(日)11:00〜(週末コース)

こちらは、お料理を続けて習われて、

フランス料理を上達していただくためのレッスンです。

10分でできる、フランス料理3品

オードブル

メイン料理

デザート

コーヒー

<「いつもの〜」平日コース5/15(日)>

・10分でできる、フランス料理3品

・ホワイトアスパラガスのブランマンジェ、

コンテチーズのクロメスキ(小さな四角いコロッケ)

・ローストビーフ、ジャガイモのドフィーヌグラタン添え。

・ガレット・ブルトンヌ

(写真未)

<「いつもの〜」平日コース5/18(水)>

・10分でできる、フランス料理3品

・そば粉のガレット

・春キャベツと鶏肉のブレゼ、レモン風味

・ダコワーズ

プティ・ワインセミナー があり、

ワインを1種類、お料理とともに

試飲して頂きます。

休日コース、平日コースともに

6ヶ月コース

79800円(税別)

1回のみ、体験レッスンとして受けていただけます。

④好きなお料理を組み合わせて、

皆でワイワイしながら、好きな日時に

好きな方たちと集まりたい。

そんな方に、新コースもございます。

4名様以上、集めてくださったら、

お好きにカスタマイズしたお料理レッスンいたします。

⑤大切な人との食卓を彩る、フレンチマスターレッスン

(旧美食家のためのフレンチを学ぶ)

お休みをいただいています。

⑥「森のスズランのテーブル&

アフタヌーンティー」

4月29日(祝)①11:30〜②15:00〜

4月30日(土)③11:30〜④15:00〜

フランスの5月1日の幸せ運ぶミュゲの日にむけて

グリーンの“森のスズラン“のテーブルをつくり

アフタヌーンティーのような、

アペロのような至福の時間を過ごしていただきます。

美味しいアミューズ、スイーツ、ドリンクをお楽しみくださいませ💜

森のスズランのテーブル& アフタヌーンティーの参加申し込みはこちら

◯アクセス

JR神戸線 芦屋駅より徒歩15分

阪急神戸線 芦屋川駅より徒歩7分

阪神線  芦屋駅より徒歩25分

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。