【レシピ付き】ひじきと豆のとろろ丼、3月のレッスンご報告

こんばんは!

スタバに入り浸っていると、

思わぬ特典があって、

それが日常を潤すほど

嬉しいのです。

Rewardというシステムで、

今日はキャラメルマキアートを

グランデで、フリーで飲めました♡

全てアーモンドミルクに替えてもらったので、

お肌もツルツルです!

ところで、フランス料理の料理家であるワタクシ、

普段からずっとフレンチを

食べているのかと思われることよくあります!

そんなことは全くなく、

日頃は和食や、中華や、

いわゆる洋食を日替わりにして

食べています。

もちろん、健康美を意識した

お料理にも興味があります。

例えば、今日はこんなお品を

作ってみました。

ひじきと豆のとろろ丼

(調理時間:15分)

体に良いもの、優しいものを酢の物にして、

梅肉も入れて食べやすく合わせました。
この一品だけで、栄養バランスも良く、

あとはおひたしなど添えていただければ、

より健康的なお食事になります。
とろろだけで食べたらお酒のあてに、

ご飯にかければ忙しい時の一品として召し上がれます。
ひじきと梅の相性の良さを思って考えたレシピです。

——————-

【材料3人分】

——————-

乾燥ひじき:7g

蒸し大豆:1パック

長芋:2cm

黒酢:大さじ2

三温糖:小さじ1

練り梅:小さじ3(チューブ)

醤油:少々

ご飯:3杯分

——————-

【手順】

——————-

【下準備】乾燥ひじきはたっぷりの水で袋の表示の時間で戻す。

長芋はすりおろしてとろろにしておく。

【1】戻した乾燥ひじきを沸騰した湯に入れて2分間茹でる。ざるに開ける。

【2】黒酢に三温糖を入れて溶かす。練り梅を入れてよく混ぜる。

【3】ボウルにひじきと蒸し大豆を入れ、合わせ酢を加えて混ぜ、長いもの下ろしたものを入れる。

【4】めいめいに盛ったご飯の上に3のひじきと大豆ととろろの合わせたものをかけ、醤油をほんの少量垂らして食べる。

黒酢は普通の酢で代用できますし、寿司酢に梅肉を入れても美味しいです。

よろしければ、作ってみてくださいね!!

さて、

4月の「いつもの材料でできる、

フランス料理講座(休日コース)」のご報告を

まだしていませんでした。

これから、させていただきますね。

まず、レッスンは

レシピの説明からさせていただきます。

先日も申し上げた様に、

食材の歴史や料理の言われ、料理の歴史などの

料理のウンチクも交えて

お教えしていますので、

皆様、すごく熱心に

ボールペンをレシピに走らせて、

書き留めてくださっています。

調理風景は、

アシスタントさんも熱心に集中しすぎて

ないのですが、

今日は、お肉をパイ包み焼きにするので、

どこも聞き漏らさない様、

皆様神経を張っておられました。

オードブル:空豆のフラン

黒い飾りは、「ダンテル」と言います。

インスタグラムでこちらを作っている

動画を載せましたが、

8147回も再生されました。

焼くと、本当にこの様に

レース状になるので、

とっても面白いです!

皆様夢中。私もお教えするのに

大興奮。

そして、

パテが焼き上がりました。

このパテ、どんな風に組み立てられているのかを

お見せしますね。

中身は、豚挽肉と茹で卵。

茹で卵を覆う様に、豚挽肉をのせます。

そして、パイ生地をかぶせ、

桜の花びらをかたどったパイ生地を貼り付けて、

オーブンへ。

10分でできる、フランス料理も

出来上がり、ワインも開けて

パテに添えた、ピンク色のうずらの卵は

ビーツで色付けました。

お皿に取り分けていただきます。

デザートはカヌレ。

写真を撮り忘れました。

生徒様方のご感想を載せます。

「 先日はありがとうございました。

今回のレッスンはハードル高めでしたがワクワク感も高く楽しかったです。

パテは見た目も味も子供たち大好きだと思います。

息子の小学校入学祝に春休みつくりたいですー。

最近お弁当にうずらの卵を入れていたのでピンクバージョンも喜んでもらえそうです。」

「レッスンのお料理は、盛り付けなど含めて、今回も新しい発見や学びがたくさんありました。
「復活祭のパテ」のお肉の部分は、「パテ・ド・カンパーニュ」をイメージしていましたが、全く違っていました。
ハーブやスパイス、洋酒が入っていない分、お肉のジューシーな味が素直に感じられ、かといって、臭みもなくまろやかで食べやすかったです。良い意味で期待を裏切られました」

「ダンテルができてとても嬉しいです。

リクエストをすぐに取り入れてくださり、

ありがとうございます。

イースターの卵の色付けやパイ生地の桜型など

いつも料理の楽しさを教えてもらえて勉強になります。」

来月ですが、

この様に素晴らしいみなさまとご一緒に

楽しく、美味しく、美しくレッスンいたします。

まだ、残席ございますので、

よろしければご一緒なさいませんか?

また、明日以降に詳細を載せますので、

ぜひお読み下さいね。

♡…°。°** *…♡…°。°** *…♡…°。°** *.

○フレンチデビューレッスン

2022年1月より開催です。

フランス料理が初めましての方に。

手取り足取りお教えします。

オンラインレッスンを

月に2回と、

対面レッスンを

月に1回開催します。

①オンラインレッスン

1ヶ月おやすみをいただきます。

5月より開講します。

費用:4500円

フレンチ・デビューレッスン(オンラインレッスン )の参加申し込みはこちら

単発OK、まとめてご受講もOK

費用:各コース、1回 4500円(税込)

まとめてお支払いの場合、25000円(税込)/6回

*インスタグラムに作った料理をタグ付けで載せてくださったら、

(ストーリー、投稿どちらでも)500円引きさせて頂きます。

*ルセット(レシピ)はjournal(ジュルナル)

(最新情報を載せた、ニュースレター)と共にお宅に郵送させて頂きます。

*デビューに相応しく、マナーも知っておきたい方のために「お皿の置き方」、

「カトラリーの置き方」の方法もお知らせしますし、

レッスンに合わせて揃えて頂きたい、

お皿の大きさなんかもお知らせします。

②対面レッスン

フレンチデビューレッスンの対面レッスン 

・クロックムッシュ

フレンチ風ビーフシチュー

デザート

(未定)

場所:芦屋市山手町(詳しい住所はお申し込み後にお知らせいたします)」

費用:6800円(オードブル、メイン、デザート、ワイン1杯、コーヒー付き)

全6回 半年コース(単発でもOK)

その後、「いつもの材料でできる、

フランス料理講座」へ進んでいただきます。

フレンチ・デビューレッスンの参加申し込みはこちら

③お料理慣れてこられたら、

「いつもの材料でできる、フランス料理講座」

(初級レッスン)

4月20日(水)11:00〜(平日コース)

4月17日(日)11:00〜(週末コース)

こちらは、お料理を続けて習われて、

フランス料理を上達していただくためのレッスンです。

10分でできる、フランス料理3品

オードブル

メイン料理

デザート

コーヒー

メニューはお尋ねください。

どちらのコースもメインは

「ブイヤベース」です。

プティ・ワインセミナー があり、

ワインを1種類、お料理とともに

試飲して頂きます。

6ヶ月コース

79800円(税別)

④好きなお料理を組み合わせて、

皆でワイワイしながら、好きな日時に

好きな方たちと集まりたい。

そんな方に、新コースもございます。

4名様以上、集めてくださったら、

お好きにカスタマイズしたお料理レッスンいたします。

⑤大切な人との食卓を彩る、フレンチマスターレッスン

(旧美食家のためのフレンチを学ぶ)

お休みをいただいています。

◯アクセス

JR神戸線 芦屋駅より徒歩15分

阪急神戸線 芦屋川駅より徒歩7分

阪神線  芦屋駅より徒歩25分

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。