レストランのようなお皿をご家庭で作りませんか?

こんばんは!

少し、ご無沙汰をしてしまいました。

昨日は、こんなお料理を作りました。

タコのライスサラダ。

難しそうに見えるかもしれませんが、

ライスサラダを三日月状に置いて

余白に次々と

食材や花を置いて

出来上がります。

ものの30分で出来上がります。

このような作業は

生花と同様で、

余白に花を飾るように

食材を置くのです。

生花を習う

シェフや板前さんもいるそう。

盛り付けや

わびさびの

勉強なのですね。

このように

料理教室では

盛り付けの練習も

行っていただきます。

練習している生徒様の

ちょっと緊張めいた

楽しそうなお顔を見るのが

好き。

華道やフラワーアレンジを

習ったことのある方は

きっと得意なのでは

ないかと思います。

もちろん、習ったことがなくても、

次第に身についていくものです。

特に今月は

鶏胸肉を軸においた

野菜を菜園風に置いていく

料理などを

練習します。

又、フレンチのお皿で

よく目にする、

泡をちょんとのせる

技法も。

レストランの技術が

あなたのものに。

「私、フレンチ作れるんです!」

と、胸を張って言えます。

これは、なかなかの

自慢話になります。

詳細は、下記のご案内を

ご覧ください。

*〜*。☆。*〜*。☆。*〜*。☆。*〜*。

フランス料理教室Protéger(プロテジェ)

最新レッスンのご案内。

①トライアルレッスン(体験レッスン)

毎月第3土曜日11;00〜開催

〜Menu〜

マグロとアボカドのタルタル

image

パン屋さん風ポークソテー

 お抹茶のフィナンシェ

image

¥6800(税込)

トライアルレッスンの参加申し込みはこちら

②いつもの材料でできる

フランス料理講座

毎月第3日曜日11:00〜開催

〜 Menu〜

来月は、

チーズフォンデュを実習します。

あとは、

鶏胸肉のポワレ、菜園風。

デザートは、トライフルです。

いつもの材料でできるフランス料理講座の参加申し込みはこちら

*連続講座です。単発ではないので、

ご注意ください。

①のトライアルレッスンが

体験講座となります。

③美食家のためのフレンチを学ぶ

2月12日(金)10:30〜

〜Menu〜

・ハマグリとネギのエチュベ、サフランソース

・ビーツのスープ

・カスレ

・冬のパフェ

​​​​

美食家のためのフレンチを学ぶの参加申し込みはこちら
④2月14日(日)ヴァレンタイン・オンラインレッスン

メニューは

・簡単なサラダ(詳細未定)

・カルビ肉をのっける、ハヤシライス、温玉のせ

・ムース・オ ・ショコラ(チョコレート・ムース)

です。

¥6000

ヴァレンタインオンラインフレンチレッスンの参加申し込みはこちら

①のトライアルレッスンは

・フランス料理らしい

可愛い盛り付けを

習っていただきます。

・冬に嬉しい、

簡単な煮込み料理をお教えします。

②のいつもの材料でできるフランス料理

では、

カフェで目にする、あのメニュー

作れるようになって、家で

家族に振る舞いたいなーなんて方に

ぴったりです。

③美食家のためのフレンチを学ぶ。

フォーマルな席にふさわしい、

ちょっとかしこまったお料理をご紹介。

日頃の食卓では目にしない

お料理なので、お客様への

サプライズに効果があります。

④ヴァレンタイン・オンラインレッスン

がっつりお肉と卵を愛する

男子にうってつけな

メニューかと思います。

又、ヴァレンタインですので、

やっぱりチョコレートは外せない、

でも、手作りは…という方に

こちらのチョコレートムース、

簡単で、感動するお味ですので、

ぜひ、一緒に作りましょう。

皆様とご一緒できるのを

楽しみにしております。

生徒様の声こちらです。

アクセス

JR神戸線 芦屋駅より徒歩15分

阪急神戸線 芦屋川駅より徒歩7分

阪神線  芦屋駅より徒歩25分

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

「初級のフレンチを学ぶ」

1年間のメニュー一覧表は

こちらです。

「美食家のための

フレンチを学ぶ」

1年間のメニュー

一覧表はこちらです・

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

レストランのようなお皿をご家庭で作りませんか?」に2件のコメントがあります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。