コロナ禍下のクリスマスについて考えました。

こんばんは!


もうそろそろ、10月ですね。
今年も後3ヶ月という、ひえーっな状態になりました。
ということに最近気付いて、
大慌てで年末にかけてスケジュールを整理した私です。


知っていました?
クリスマスレッスンが2ヶ月後なんです。
誰も知るわけないですよね!
私も知りませんでしたー汗 汗 汗
なので、急ぎメニューを考えました。


今年のクリスマス。そう、コロナ禍の中でのクリスマス。
私はおうちで過ごす方が多いと予想しています。
特に、
今年前半はご家族で過ごすことの大切さ、重要さに
気付かれた方が多いと聞きます。
なので、クリスマスがとても温かみのある1日になるのでは?
久美子予想。そうなれば、いいな。



私は、子供たちが小さい頃から
おうちで過ごすクリスマスを体験させてきました。
なぜか。
夢のあるおうちを作りたかったからです。
又、そのようなおうちを作ることで、
子供達に温かい体験をさせたかったですし、
自分たちが恵まれているという実感も育てたかったからです。
御馳走って、「夢」ですよね。
映画のような、絵本のような、そんな世界を実体験させたいとの思いでした。
そのおかげか、次男は中2でもサンタさんを信じていたのです。




なぜ、そんな「夢」を追求したかったのでしょうか?
それは、それらの体験が「原動力」であって欲しかったからです。
人は、小さな頃の素敵な思い出を再現したい!と思うものです。
それが、美しいもの、素敵なことであればあるほど、
彼らの人生も良くすると思っています。
それはある意味、財産になりうるのではないでしょうか?



外食ではダメですか?
的な疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
舌って不思議なもので、記憶に残るんです。
それが「外の味」だと、少し寂しく感じませんか?




皆様に良いお料理のアイデアがあるなら、
得意料理がおありなら、私の出番はないですが、
私は、お料理を生業にできて、
こんな時にとても良かったと思います。
私のスキルで皆様方のおうちにハッピーを呼び込むことができる!
そう思うからです。
今年のクリスマスは皆様に貢献させて頂きたい。
そう考えてのメニュー、又見てくださいね。



あ、そうそう。ハロウィンも然り。
ハロウィンもお家で楽しめる工夫もさせていただいております。
又、ご案内いたしますね。

生徒さまの声」を集めました!

今日の記事がお気になられた場合はこちらにご連絡下さい↓

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。