手作りフレンチでもてなす世界観

こんばんは!

すっかり蒸し暑くなり、

各地で大雨による被害が心配されますね。

「夏」へ向かう6月終盤の気候は、

このようなリスクなしには毎年越えられない。

そんな複雑な思いを今年も感じる今日この頃です。

さて、私の方は、おかげさまでレッスンを無事に開催させて頂き、

感謝しかない日々を送っています。

一昨日は、

「美食家のためのフレンチを学ぶ」を開催しました。

今月も、毎月お越しいただいている、

お料理教室主宰の生徒様。

素敵な方なんです。

3月からコロナで開催できなかったので、3ヶ月空いての開催です。

お料理は、

アミューズ

鯛と平目のタルタル

アスパラガスのヴィシソワーズ

牛肉の赤ワイン煮込み

クレープ・シュゼット

以上です。

鯛と平目のタルタルは、

パリで有名どころのビストロ、

「La fontaine de Mars」でいただいたお料理を

参考にルセットを作りました。

「牛肉の赤ワイン煮込み」は、

数年前、ケータリングでお出しした際、

その時のお客様がお二人、

その後教室に通ってくださり、

今も来てくださっているという、パワーフード。

クレープ・シュゼットは、僭越ながら有名なアンリ・シャルパンティエに負けないと

意気込んでルセットをこしらえました。

どれもとてもお気に召して下さり、

特に「牛肉の赤ワイン煮」は

現在離れてお住いのご両親様に

ぜひケータリングして差し上げたいと、

お届けのノウハウを熱心に尋ねてくださいました。

お写真をご紹介しますね。

まずは、テーブルコーディネート。今月は、

早くも恋しい7月の海辺の風景を思い描きながら、

ナチュラルテイストの浜辺の邸宅を想像して。

20年前に買った、CASA AZUL(蒼い家)と言う名の、

ビレロイ&ボッホのお皿を久しぶりに出してきて飾りました。

海のイメージがとても素敵で今でも十分通用しているデザインです。

まずは、アミューズ。

サーモンの中にパプリカ入りチーズを挟んだもの。

かつおのカルパッチョ

鯛と平目のタルタル

アスパラガスのヴィシソワーズ

牛肉の赤ワイン煮

クレープ・シュゼット

本当に素晴らしいひとときでした。

お料理、殊にフレンチのある食卓は

日常という、少々退屈な時間を

こんなにも優雅で、独創的で、芸術的な

時間に変えてくれます。

そして、ワイン。

先日もご紹介しましたが、

ブルゴーニュの中でも特に美味しいワインで有名な、

シャサーニュ・モンラッシェ。

白で有名なのですが、赤をご用意しました。

優良な村のワインですので、赤も秀逸。

でも、知名度があまりないので、

お値段がとてもおトクなんです。

そのワインの華やかさ、エレガントさは

味わってみないとわかりません。

味わいはお料理だけでなく、ワインも、なので

豊かすぎる食卓に自然と笑顔が弾けます。

このような食卓を、ご自身の手で創ることができる、

なんてクリエイティヴで、

アーティスティックなんでしょう。

そんな自分に酔いしれることが

とても嬉しいのです。

ご自分の手で美しさや

美味しさを創造する、

それを家族や友人たちにもてなす。

喜ばれる!

こんな活動で人生の舵を大きく方向転換できる。

フレンチを創造するということは、大げさでなくお料理のいろいろな意義に気づかせてくれる、

とても素敵な試みなのです。

さて、来月も開催致します。

来月のメニューは

シェーブルのキッシュ、玉ねぎのロースト添え

トマトのスープ

仔羊のポーピエッド(「煮込みハンバーグ」に似たお料理)

バラの香りのチーズケーキ

以上です。

ワインは赤ワイン、シラーを合わせます。

美食家のためのフレンチを学ぶの参加申し込みはこちら

まずは、手軽におしゃれフレンチを楽しみたいということでしたら、

7月4日

7月11日

いずれも土曜日17時より、

オンラインレッスンで2品のお手軽フレンチも

学んでいただけます。

こちらは、移動なし、ご自宅のキッチンで

パソコンやスマホで受けられる講座です。

出来上がったら、お宅の食卓に運び、

ご家族でディナー。

こちらも素敵ですよね。

お申し込みをお待ちしております。

7月4日

オンラインレッスンの参加申し込みはこちら

7月11日

オンラインレッスンの参加申し込みはこちら

残り少ない6月の日々が

皆様にとって充実した月末になりますように。

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。