基本のリゾットの作り方、基本の魚のポワレの作り方

リゾットを美味しく仕上げるコツは、「アルデンテ」にすることです。パスタと同じですね。

柔らかい粥状になるのではなく、芯がある状態、これがリゾットの理想の状態です。

どうやって、「アルデンテ」に仕上げるのかというと、

米を炒めるのと同時進行で、チキン顆粒を溶かしたお湯を沸かします。

そして、何度かに分けながらチキンスープを米の入った鍋に注ぎ、だんだんと米が柔らかくなるのです。

最終的には、味を見てアルデンテかどうかを調べて火を止め、

すぐにお皿に移して頂きます。

とはいえ、初めてのリゾットは不安があることかと思います。

なので、オンラインでリゾットを画面を通して同時進行、

そんなレッスンを開催します。

今回は、旬を迎えた、トウモロコシ、そしてバジルの葉を入れた、

リゾットを作ります。

トウモロコシご飯、この2〜3年で一世を風靡する人気メニュー。

トウモロコシは老若男女、皆大好きな食材。

なので、リゾットだって絶対美味しい。

また、、メインディッシュに

「白身魚のポワレ、白ネギとジャガイモのエテュベ添え」という、

フレンチらしい一皿を作ります。

「ポワレ」とは、「フライパンで焼く」、という意味。

分厚い魚はオーブンで仕上げることになると思いますが、

オーブンがない方や、億劫な方はフライパンに蓋をして仕上げます。

エテュベとは、野菜の水分だけで材料を柔らかくする、蒸し煮のことです。

白ネギというのは、バターと相性が良く、よおく炒めるとトロトロになります。そのトロトロが美味しく、

白身魚のポワレのソース代りにとても美味しいです。

皮目をパリッとさせた白身魚と、トロトロのソースがいい感じですね。

フレンチを食べに行ったら、メニューがフランス語だということが多い昨今。

「エテュベ」という言葉も覚えておかれると、メニュー選びが楽です。

こちらのレッスンを7月4日(土)17:00〜予定しております。

17:00〜なので、作り終わったら夕食の時間、

そうです!

レッスンで作ったお料理をそのまま夕食にしていただけます。

土曜日の夜はごちそうご飯。

ワインに合うお料理をご紹介しています。

飲むべきワインも簡単にオススメしています。

また、パンのルセットもおつけして、パンも作れるようなメニュー展開です。

オンラインレッスン、詳細はこちらをご覧ください。

7月4日のお申し込みはこちらからお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: kumikohirano

<自己紹介> 料理家。家族を喜ばせるフレンチ、スーパーで買える材料で作れるフレンチというコンセプトで活動中。一年ほど前から、より健康的であり、美しくなれるフレンチとして低糖質、薬膳を取り入れた料理教室も開催中。 見た目や味で誰をも魅了するレシピ、また旬を大事にしたレシピ開発に力を注いでいる。 <経歴> 学生時代から、数々の著名なフランス料理教室に通い、行く度ごとにフランス料理の美味しさと奥の深さに感動を覚える。最終的に、パリに本校のある、ル・コルドン・ブルー料理課程を修了し、ディプロムを取得。 10年ほど前に通っていたホテルのワインセミナーにおいて、「料理をワインとともに嗜むと、料理の旨みがさらに増す」ことに驚いたことからワインに傾倒し、2004年にワインエキスパートの資格を取得。その後アカデミー・デュ・ヴァンでの勉強を経て、2015年3月、WSET中級という、世界共通のワイン資格も認定される。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。